【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:ブラウブリッツ秋田

2015年10月26日(月)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
新監督に間瀬秀一氏を招へいし、チーム構築から始まった今季。
昨季はパスを主体とするポゼッション志向のサッカーだったが、間瀬監督はよりダイレクトでスピーディーに相手ゴールを目指す戦術を採用し、第1クールは5勝1分6敗と一進一退。しかし、第2クールでは5連敗(第14~19節)を含む5分7敗と苦しみ、チームもサポーターも我慢の時期となった。

転機が訪れたのは8月。リーグ戦で4試合連続0-0の引き分けを演じて守備面の向上を見せると、天皇杯の連勝(秋田県予選決勝と1回戦)で浮上のきっかけを掴む。育成型期限付き移籍で加入したFW米澤令衣とMF佐藤祥、DFキローラン木鈴もチームにフィットし、9月は第3クール初戦(第27節)で山口に勝利。天皇杯2回戦で新潟に敗れたものの、リーグ戦では5連勝(第27~32節)を含む11戦無敗と快進撃を続けている。
好調なチームにあって、特筆したいのは失点の少なさ。前線を含む選手全員がプレスに走って陣形をコンパクトに保ち、攻守一体の粘り強い戦いぶりが目立つ。第34節・鳥取戦の勝利によって、アウェイゲーム5戦連続無失点のJ3新記録も達成した。

間瀬監督も選手も、「目の前の1試合をしっかり戦うこと」を強調しており、結果を積み重ねて、その先を目指している。現在の順位は9位(第34節終了時点)。得点力向上などの課題も残るが、次の試合が楽しみなチーム状態でもある。残り少ないシーズンをいい形で終えて、来季につなげてほしい。

2015.10.21 Reported by 竹内松裕

スタジアムナビ