【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:水戸ホーリーホック

2015年10月27日(火)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
これが現実、の「実」。
ここ数年、J2で中位に位置し、残留争いに巻き込まれることのなかった水戸。今季こそ中位の殻を破りたい、という思いで臨んだシーズンだった。
しかし、開幕直前のキャプテン船谷圭祐の負傷からはじまり、開幕後もケガ人が続出。開幕前に準備していた戦術からの転換を余儀なくされ、ゴールデンウィーク後は下降線の一途をたどった。一度狂った歯車を戻すことができないまま、下位に低迷することに。初めて残留争いへ巻き込まれる事態に陥った。リーグ最少レベルの資金で運営しているクラブの、「現実」を突きつけられたシーズンだったと言える。

ただ、「実り」もあった。リーグ中盤以降、田向泰輝、内田航平、鈴木雄斗といった20代前半の選手たちが急成長。もはやチームに不可欠な存在へと育っている。もともと、今季は選手の若返りを図ったシーズンであり、開幕前に柱谷哲二前監督は「選手の成長を見てもらいたい」と話していた。柱谷前監督が去ってから花開いたのは残念なことではあるが、選手の成長に関してはある意味狙いどおりの状況にある。これまでチームを支えてきた中堅とベテラン、そして成長著しい若手のパワーを融合させて、残り試合、「J2残留」を勝ち取るために戦い抜く。

今季で若返りを図ったのも、来季以降を見据えてのこと。この苦境を乗り越えた時、この苦しみは必ず新たな「実り」となって、来季につながることだろう。だからこそ、何が何でも「J2」に残らなければならない。

2015.10.21 Reported by 佐藤拓也

スタジアムナビ