【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:V・ファーレン長崎

2015年10月28日(水)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
V・ファーレン長崎の今季を漢字1文字で表すならば、間違いなく「十(じゅう)」になるだろう。
というのも、今季はクラブ創立10周年という節目の年。それを記念して、これまでクラブに関わった選手が集うレジェンドマッチが開催された(7月4日・明治安田生命J2リーグ第21節)。また、長崎市内の複合型ショッピングモールには 「V・ファーレン長崎 ココウォークサテライト 三菱電機スタジアム」が完成。クラブの「情報発信基地」であると同時に、サポーターが絶えず集まるコミュニケーションの場となっている。クラブとして大きく前進した年となった。

クラブは次なる10年を見据えた中期計画も掲げた。女子チームの発足計画を発表したほか、中国スーパーリーグの強豪・上海申花と業務提携をスタートさせるなど、いよいよアジア戦略にも踏み出す。

また、「十(じゅう)」ではないが、今季は「熟(じゅく)」した面もあった。クラブやチームがこれまで手がけてきたことが、一定の成果を上げている。まずは守備から入るという手堅いチーム作りは、Jリーグに参入した2013年以降全く変わっていない。リスクマネジメントはますます磨きがかかり、リーグ最少失点数を誇る(第37節終了時点)。相手にシュートを打たせない前線からの守備は、リーグ戦で大きく破綻することはなかった。大量得点を挙げるような派手な試合はないが、ヒリヒリするような緊張感と玄人受けする渋いゲームが今季の大きな特徴。リスクマネジメントに撤すれば当然のことながら、攻撃の比重が少なくなり得点力が減少するといった現象は起きてはいるものの、十分にサッカーの魅力をファン・サポーターに見せている。

2015.10.21 Reported by 植木修平

スタジアムナビ