【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:ガンバ大阪

2015年10月28日(水)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
3冠王者として迎えた今季。ガンバ大阪は3年目の指揮となる長谷川健太監督の下、大幅な戦力の入れ替えなく全タイトル制覇を目指して戦いの火ぶたを切った。

昨季以上のチームをつくりあげる上で長谷川監督が選手に求めたのは『個』の成長だ。「個々の選手がスケールアップを図ることでチーム力を膨らませよう(長谷川監督)」という狙いもあってのことだが、ここまで明治安田生命J1リーグ、ヤマザキナビスコカップ、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)と、全大会において上位争いを続けてきた事実は、そうした狙いどおりの戦いができている証だと言える。

そんな戦いぶりを踏まえて思い浮かんだのが『熟』の文字。
「3年目に入り、健太さんのサッカーが身体に染みこんでいる分、チームとしての約束ごとに対して自然と身体が反応するようになった」とは副キャプテン倉田秋の言葉だが、ここまで『対3冠王者』への対抗心を燃やされながらも安定した戦いを続けてくることができたのは、そうした『長谷川イズム』の浸透、つまりはチーム力の熟成があってこそ。

残念ながら3年ぶり7度目の出場となったACLは、鬼門のラウンド16を突破しながらも、広州恒大(中国)との準決勝で敗れベスト4に終わったものの、大会を通して見られたさらなる『個』の成長やチーム力の充実は、この終盤戦を戦う上でも大きな財産になるはず。連覇の可能性残す明治安田生命J1リーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯でのタイトル獲得を後押ししてくれるに違いない。

2015.10.21 Reported by 高村美砂

スタジアムナビ