【盛岡 vs 福島】 担当ライター“一問一答”

2015年11月22日(日)

「担当ライター“一問一答”」は、対戦する両クラブの記者が質問と答えをぶつけあう新企画です!

明治安田生命J3リーグ 第39節
11月23日(月)13:00KO 盛岡南
グルージャ盛岡 vs 福島ユナイテッドFC

★盛岡から福島へ
Q
シーズン通じて大崩れせず、最終節の結果次第ではトップ5入りの可能性も残している福島ですが、その安定感を支えるポイントはどのような部分でしょうか?特に福島は接戦で負けない印象があります。盛岡は今季やることなすことが裏目に出ているような戦いばかりだったので、来季のヒントになればと思いお伺いします。
(盛岡担当:高橋拓磨<cross Line>)

A
安定感…。難しいですね。接戦で負けない印象がおありとのことですが、勝てない印象も強い、というのが私の印象です。ただ、やるサッカーにブレはない、ということは言えると思います。ボールを保持して、自分たちで主導権を握って試合を展開する。それがブレないのですが、そこに固執する感もありました。ただし、その点が成長の土台となったことは確かです。
失点につながっていた、ボールをつなぐ意識の強さの裏返しとも言える、守備陣の単純なクリア時の判断と技術のミスからの失点を減らす。齋藤恵太というスピードスターを活かして、相手守備陣の裏をシンプルに突く攻撃もする。そうすることによって生じるスペースの活用。ボールを持つことを意識しすぎるがあまり(?)、前へ出る迫力不足の裏返しとしての、時に失点につながる立ち上がりの悪さの解消。
こうしたことを地道に続けてきた結果が、トップ5という目標達成を視野に入れる現状につながっていると思います。もちろん、今シーズンのみならず、昨年からの継続あってこそのことです。昨季の失敗も踏まえての成長です。だから、裏目に出ることばかりだとおっしゃる盛岡の今季だったとしても、無駄になることなどまったくないと、個人的には考えております。
卒業式の校長先生みたいな話ですみません(笑)。
(福島担当:杉山孝)


★福島から盛岡へ
Q
今年の最後の試合で、チーム、あるいは個人で達成しておきたいことを教えてください。そのうえでの予想スコアは?
(福島担当:杉山孝)

A
先日、東北リーグ時代から4年にわたってチームを率いてきた鳴尾直軌監督の退任が発表されました。盛岡は最終節の結果がどうあれ順位の変動はありませんが、選手たちは最後のホームゲームで勝利を収め「鳴尾監督の花道を飾りたい」という強い気持ちで臨むでしょうし、サポーターからの熱い応援も勢いを増すのは間違いありません。
前置きが長くなりましたが、そういった事情もあり、質問いただいた「達成したいこと」に対する答えは「勝利」のみです。今季は特にホームゲームでサポーターを喜ばせる戦いが非常に少なかった盛岡。順位の影響もあってか、来場者数も減少の一途を辿っている感があります。最後のホームゲームで勝利を得ることは、サポーターにとっての来季への希望の光になるはず。その相手が東北リーグ時代からしのぎを削り、盛岡の今季開幕戦では手も足も出ずに敗れた福島相手となれば、なおさら大きな価値を持ってきます。同じ11位でフィニッシュするにしても、「やっぱり岩手はこんなものか」で終わるのではなく、「11位だけどこういう試合するなら来季も応援したい」という感情をサポーターが抱く。そんな試合を期待します。
とはいえ、福島も目標のひとつとする5位以内がかかった大事な試合。ということで「達成したいこと(=勝利)」とは相反しますが、スコアは1-1と予想します。ここ数試合みていても盛岡がゼロで抑えられるイメージも、2ゴール以上を決められるような怒涛の攻撃を浴びせるイメージも残念ながら持てません。せめて0-1で粘り続け、終盤のゴールで同点、あわよくば逆転という展開になれば…。希望的観測からいえば2-1と言いたいところなのは山々です。ただ一方でポジティブな思考を巡らせようとしても、必ずどこかで「?マーク」が出てしまう。それがまぎれも無い今の盛岡の状況なのです。
(盛岡担当:高橋拓磨<cross Line>)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集