【京都 vs 水戸】 担当ライター“一問一答”

2015年11月22日(日)

「担当ライター“一問一答”」は、対戦する両クラブの記者が質問と答えをぶつけあう新企画です!

明治安田生命J2リーグ 第42節
11月23日(月)14:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs 水戸ホーリーホック

★京都から水戸へ
Q
今年シーズン途中で監督交代があった同士の対決となりますが、監督が交代して、チームのここが変わったとか、逆に、監督が代わってもまだまだ足りないと感じるところはどこですか?教えて下さい。
(京都担当:武田賢宗)

A
ま、ま、まさかの前節と同じ質問(苦笑)!この企画で一番怖れていることが起きてしまいましたね(笑)。前節の回答を見てくださいというのもあれなので、もう一度記させていただきますので、ご確認くださいね。

----前節での回答----
一番の変化は「判断」のところでしょう。柱谷哲二前監督時代は若い選手たちを育てるために「判断」に関しては、チームの約束事を守った上で、ある程度自由を与えていました。間違いや失敗もあるけれども、そうした経験を経て、様々な判断の引き出しを持てるようになり選手は成長していく。その柱谷前監督の信念とともにチームは歩んでいました。
しかし、今シーズンはなかなか結果を出すことができずに柱谷前監督は17節終了時点で解任されてしまいました。
指揮を引き継いだ西ヶ谷隆之監督は立て直しを図るために、「判断」の優先順位を明確にしました。それによって選手たちの迷いがなくなり、チームは安定することに。その結果、西ヶ谷体制下ではリーグ戦7勝12分5敗と勝ち越すことができているのです。
今節も判断を明確化したサッカーを貫き、勝利を狙います。そして、ホームで残留を決めさせていただこうと思っています。
--------------------

さてさて、足りないところに関しては、勝ち切る強さです。西ヶ谷体制になってから、負けないチームになってきました。勝ちきれる強さを身につけることが次へのステップとなります。リーグ最終戦ですが、来シーズンにつなげるためにも、壁を突き破っておきたい。それが今節の最大のモチベーションです。
だからこそ、今回もやらせていただきます!

勝ちきる強さを手に入れろ! いくぞ!

勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!

勝つのは、俺たちだ!
(水戸担当:佐藤拓也)


★水戸から京都へ
Q
ともに前節自力でJ2残留を決めました。毎年上位につけている京都さんと水戸とでは「J2残留」の捉え方が違うのかなと思ったりしていますが、「J2残留」が決まった時の感情はどんなものだったでしょうか? ちなみに僕は「よかったーーーーーー!」でした。
(水戸担当:佐藤拓也)

A
ご質問、ありがとうございます。もちろん「ホッとした」部分はあります。でも、何と言うか「チーム構築で、順調に来ているんじゃないか」という手応えの様なものを外から見ていて感じていた、というのが本音です。
微妙で、根拠のない考えなのですが、降格争いの泥沼に陥った時、チームは本当に暗闇の中をもがく様な感じになります。「負けられない気迫は感じる」、でも簡単に先制を許すとか、先制して「勝てるか」と思わせて逆転負けを喫するとか。本当に「何でやんねん!」という思いになります。でも、後半戦の京都は、そんな感じはほぼなかったです(9引き分けしましたが)。
それを強烈に感じたのが、第37節の横浜FC戦。内容は抜群の出来でした。でも終了間際、横浜FCのカウンターで京都はピンチを迎えます。降格争いの泥沼に入っているチームは、あそこでやられて負けるものだと思うのです。それを京都は防ぎきった。さらに前節の栃木戦。後半は栃木の猛攻を受けるも耐えきった。前回の栃木戦は耐えきれず、逆転まで持って行かれたけど、今回はそうならなかった。その時点で「やっぱり京都は泥沼の争いには入ってなかったな」と思いました。
とは言っても、「では、どうしたら泥沼に入らない様にするか」とか、「泥沼からの脱し方はあるか」と言われても、全く分からない(分かっていたら今季前半戦で発信してる!)。でも、後半戦は石丸監督の下、京都はしっかりと建て直して戦うことができた。そこは高く評価して良いのではないか、と思っています。

「チーム構築が順調に進んでいる」と書きましたが、今季最後なので、ここも少し詳しく書かせて下さい。
後半戦の京都は石丸監督の下で、サッカーの方向性が明確になりました。「相手を見て」とか「ボールを動かし、相手を動かし、そのギャップを突く」とか「みんなで、グループで戦う」とか、キーワードは幾つも出てきます。その考えの下で「こうやって攻める」「こうやって守る」が明確になっていきました。選手に聞いても「細かいところまで言ってくれる」と、疑問点をクリアにしてサッカーに取り組んでいる感じです。
具体例を挙げます。第38節の大宮戦の2点目。左寄りに位置していた宮吉拓実が、相手の背後のスペースにもぐりこんで相手センターバックを引き付け、クロス。中で伊藤優汰が仕留めたシーン。その場面、宮吉は前線からボールを受けようと少し戻る。入ってきたボールを宮吉は、高い位置にいた左サイドバックの下畠翔吾へ、ボールを弾く。そして宮吉は縦へ走り出す。
この時、大宮の右サイドバックは宮吉に食いついて行くんです。だから、サイドバックの裏にスペースができる。宮吉の「パスを出して走る」という連続したプレーも評価できますが、「相手が食いついて来たことを利用して、次の展開を作る」という、石丸監督が指導してきたことが現れたプレーだと言ってもいいのです。
横にボールを動かして相手も動かすことで、パスコースやスペースが出来る。そこを突く。オフ・ザ・ボール時に動くことで相手も対応しようとする、その相手の動きを逆手に取る。そんなプレーが現れてきています。第37節の横浜FC戦、次の大宮戦、次の北九州の前半、内容はすごく良くなっています。
菅沼駿哉は、今のチームの出来に手応えをすごく感じています。「僕自身は、天皇杯の川崎F戦で通用したのが大きくて、『このまま成長していけばJ1でも通用する』と思いました」と口にしていて、センターバックの役割についても「アタッカーがプレーしやすい様にボールを送るのが自分の仕事だと思っているし、そのためにもしっかりと状況判断して、ポゼッションして、いいパスを送りたい。前線が前を向いてプレー出来る様にしてやりたい」と考えています。それが表現できている試合は、良い内容になっています。

でも、突如それが出来なくなる。第40節の愛媛戦。できなくなった理由は雨、ピッチコンディションが「パスを回す」状況ではなくなったから。「相手を動かすパス回しができない」時、京都はそれに戸惑った。試合後の会見でも、愛媛側が「やりたいサッカーよりも状況に合わせたサッカーを指示して、選手がそれに応えた」のに対し、京都は石丸監督がパスをつなげないから切り替える様にと「口を酸っぱくして」(石丸監督)言っていたにも関わらずそれが出来なかったことが鮮明に語られています。
選手側に立てば同情もできます。これまでやって来て上手く表現出来ていたサッカーをやりたい、貫き通したい気持ちはすごく分かるし、トライしてみてもいいのでは、という部分もある。でも、「残留争いのシビアな戦い」(石丸監督)という状況がそれを許さない。さらに、「自分たちのサッカーが出来なくなった時」の引き出しの少なさと引き出しの中身の貧弱さも露呈してしまう。
こう挙げると「京都は弱くなった」と言われてしまいそうですが、筆者としては「だから、これをいい経験にして成長していこう」と言いたい。かつて、日本代表監督だった岡田武史さんが、チームの成長について「『成長』『成長』と言ってレンガを上にばかり積み上げるといつか倒れる。レンガを横に積むことをしないとより高く積み上げられない」ということを言っていました。今回「自分たちのやりたいサッカーができない」状況を痛感したことは「レンガを横に積むこと」と同じだと思う。ここからまた積み上げて、より高くしていけば良いのでは、と思うのです。

長くなってしまいました、まとめます。チーム作りで課題が見つかりあたふたすることもありますが、概ねしっかりとチームの土台が出来つつあると思っています。これを継続してもらいたい。指導者(チームの方向を指し示し、導いてくれる者)がいるので、若い選手を託しても良いのではないかと思っています。あるユース出身の選手に言わせると「今、マル(石丸監督)さんのサッカーでユース時代のサッカーを思い出した感じ」とか。もう少し、このサッカーで土台作りをしてもらいたいと切に願っています。
そして選手にも、負けたりするから、周りから「新しい監督を」とか言われてしまうんだ。今季最後の試合をしっかりと勝つこと。「この体制で来季も」と、勝利で主張して欲しい、と言いたいです。
(京都担当:武田賢宗)
たけびしスタジアム京都(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (2.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報