【2016シーズン始動!】秋田:新体制発表会見での出席者コメント(1)

2016年1月17日(日)

ブラウブリッツ秋田の新体制会見が行われました。会見での出席者のコメントは以下の通りです。
--------------
●岩瀬浩介 社長兼強化部長
「皆様、こんばんは。本日は2016ブラウブリッツ秋田新体制発表記者会見にお足元お悪い中お越しいただき、本当にありがとうございます。また、メディアの皆様にも多く集まっていただいたことを感謝申し上げます。まずはクラブの代表として、また、そして昨年からはクラブの強化担当を兼任して行った立場から、ご挨拶を含めて今季のチームについてお話しをさせていただきます。

まずは、こうして今年も無事クラブとしてこのスタートを切れるこの日を迎えられたことに関して、株主の皆様、スポンサーの皆様、お集りのファン、サポーターの皆様、いろんな形で物心両面支えていただいておりますサポーター企業の皆様に心から感謝申し上げたいと思っています。こういった舞台をクラブとして迎えることですけれども、私にとってはこうして選手たくさんの新たな選手たちが命がけで覚悟をもって決意をもってこの秋田に来てくれることを本当に本当にうれしく思っております。

それでは早速今季のチームについてお話をさせていただきます。皆さんもご存じのとおり、昨季、結果的に、のべ18名の選手が契約満了という形になりました。引退選手を含めてのお話になりますけれども。そういった中で、きっとですね、株主の皆様、スポンサーの皆様、今日お集りのファン、サポーターの皆様には多大なるご心配をおかけしたのではないかな、と思っております。ただ、1つしっかりと申し上げておきたいのは、これが決してクラブとして後ろ向きではないこと、後ろに進んでいるわけでもないということ、あるいはストップしているわけでもないということ、我々はしっかり前を向いて前に進んでいる過程の中で今回こういって、いわばチームとしてクラブとして会社として、次のステージ次のステップに行く過渡期を迎えた時期で、大きな決断、大幅な人事、選手を入れ替ました。ちょうど1年1か月前から、私のほうが代表兼任で強化を務め、年間を通じてスカウティング作業を行い、我々が目指すサッカーを実現するために必要な人材いわば選手を見定めてきました。今、我々が目指すサッカーをお話ししましたけれども、もう一度、改めて我々が目指しているサッカーについてご説明をしていきます。

我々が目指すサッカーは、とにかく積極的でアグレッシブで見ている方々がワクワクし躍動感あふれる魅力的な試合を見せること。我々のサッカーを見て幸せを感じてもらうことこそがクラブの最大の目標である「スポーツの力で秋田を元気に」することの実現に近づくと思っています。そのためにも、仕事というものは何でもそうかもしれません。今皆さんが毎日仕事をしていることもそうだと思っているんですけれども、仕事をしている選手たちを含めて我々が、ほんとに毎日毎日喜びを感じて幸せを感じられているかと。その選手の幸せが結集した時こそ、このチームの幸せ、要は結果につながって来るんじゃないかと。そしてチームの幸せが何よりもここにいらっしゃるファン、サポーター、来場記者、テレビで見ている方々、応援をいただいている方々の幸せにつながり、それが広がることが我々の最大目標である「スポーツでもっと幸せな秋田を築く」ことにつながると思っております。

このサッカーを実現するために、昨年、間瀬(秀一)監督といろんな話をして、この我々が目指すサッカーをやる上での基準、この最低基準となるものを簡単に説明すると、3つ設けました。
1つ目はコミュニケーションです。サッカーにおける戦術理解度を深めるためにも、試合中はもちろん、監督や選手、スタッフと積極的に話ができるのか。そして自己主張であったり、チームの組織において協調性があるのかなど、コミュニケーションスキルがまず1つです。
2つ目はフィジカルです。まずは、我々が行うサッカーはとにかくしっかりとした基礎的な体力、90分走り通せる力を持っているかが非常に大事になります。そして去年から見てもらえればわかる通り攻守の切り替え、クイックネス、スピードが求められるのだろうと。もう一つ言うとすれば、戦う上での精神的な部分ですね、心のフィジカルも兼ね備えられているか。
3つ目に我々が目指すサッカーを目指すためにベースとなる技術ですね。サッカーにおける止める・蹴るの基礎的な技術が一定以上なのか、そして試合中、最後の最後まで敵味方を見て最良の判断ができているのか。もう1つ付け加えるとすればそこに各選手の個々の色、個性を持っているのか、この3つプラスアルファの1つが我々の最低の基準です。これを満たした選手が、今ここにいる、そしてここで秋田に残っている選手です。

次にスタッフ人事です。今までプロとしての専任のゴールキーパーコーチがいない中で進んできました。今シーズンからは太田(渉)コーチが専任で務めてくれます。これは、守備の更なる安定化に取り組めるものと思っております。また、強化においては私が強化部長として兼任してましたけれども、昨年1年間を通じて代表との兼任で限界というか、専任であればもっともっとこういうことができるんだろうなという欲を感じました。これを補うことでやはり選手たちのもっともっと成長レベルが上がるのではないかということで、強化担当として、このクラブの歴史を理解している、隣にいる池田(昌広)を今回招へいしました。またアカデミーでは、間瀬監督の下コーチを務めてきた松田(正俊)がU-14コーチになります。そして選手としてトップを経験した秋田出身の熊林(親吾)をU-18監督に配する運びとなり、ようやくクラブの体制がある程度整ってきているのかなと。これで満足しているわけでは全くございません。まだ、過程の中ではありますけれども、2~3年前に比べればしっかりとした体制が整ってきたんではないかなと思っています。

気になる目標の話をします。昨年振り返れば13チーム中8位でした。これはAクラス、Bクラス、Cクラスと3分割した時に、どこにいるのか。8位という結果で考えれば、Bクラスの一番下、もしくはCクラスの一番上ではないかなということを冷静に我々は受け止めています。ただ、一つ言えることは、このBクラスの上位、いわば昨年でいえば富山さんですね、富山との対戦成績は1勝1敗1分け。勝点こそ7の差がありました。ただ、この差は本当にほんの少しだと我々は思っています。このほんのわずかの差をいかにして埋めるか、昨シーズン終盤に見せた13戦負けなしのこの快進撃は我々が昨年積み上げてきたものの一つの証なのかなと思っています。昨年、体制が一変して結果に至るまでに関しては少し時間は経ったのかなと思いますが、その快進撃の第3クールだけを見れば、我々はリーグ第3位という結果です。そのわずかの差を埋めるべく体制と選手らが集まったと考えており、もちろん、優勝を目指し戦うわけですけれども、最低目標はやはり、このクラブの歴史である8位を塗り替える、これが最低の目標です。この現実目標を考えれば、Aクラス入りを狙える順位を目標にすることなのかなと思っています。もちろん本当に優勝は狙っていきますけれども、まずはこのAクラス入りを狙える順位を目標に今年はやっていきたいなと思っています。

最後になりますけれども、クラブとして次なるステップ、それを結果で証明するというシーズンになる。そして昨季チームの中心的選手として戦い抜き、今季も秋田で戦う決意をした8名の選手、ここにいる、新たな、それぞれの覚悟と決意を持ったこの秋田に集まってくれた選手スタッフらであることをお伝えさせていただき、私からのあいさつとさせていただきます。本日は本当にありがとうございます」

●池田昌広 強化担当
「皆さん、こんばんは。まずは、5年ぶりにこの大好きな秋田に戻り、そしてブラウブリッツ秋田で仕事をできることを大変自分なりにうれしく思います。それとともに、岩瀬社長もおっしゃったように、強化という面で非常に重要なポジションを与えられたと思っています。まだまだ若輩者ではございますが、少しずつ力をつけていろいろな部分で成長をして自分自身もっともっと秋田に貢献できるように取り組んでいきたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします」

●間瀬秀一 監督
「皆さん、こんばんは。まず初めに今年もこのブラウブリッツ秋田で指揮をとらせていただけること、このことに大きな大きな喜びを私は感じています。昨年は、昨年のメンバー全員で力を合わせて戦いました。試合の結果、全ての結果、最終順位でいえば8位でした。我々は、昨年、クラブの歴史を塗り替えよう、壁をぶち破ろうということで7位を目指しました。その結果が8位です。この点をみれば不甲斐ないことです。ただ、内容、選手の戦う意思、大きく変われたと思います。

実際にシーズンが終わった後に、ゲーム内容、データというものを集めた時に、自分たちがしっかりとしたスキルの中から、やっている選手が喜びを感じ誇りに思い、そして見ているサポーター、秋田の皆さんが喜びを感じ誇りに思えるサッカー、そしてその2つがしっかりと実現された中で試合に勝っていく、そういった中では例えばパス数、パスの成功率、アクチュアル・プレイイングタイムつまりしっかりとゲームをやっている時間、どれをとってもリーグのベスト3以内に入っています。

そして第3クール、最後に結果を出した第3クールでいえば守備でも前からプレスをかけて徹底し、意図的に相手のゴールを奪うというところではリーグ1位の結果を出しています。ただですね、もっともっとやってるサッカー、選手が喜びを感じて、見ている秋田の皆さんが喜びを感じるサッカーをするとしたらそれはやはりもっとダイレクトにボールに向かってゴールが生まれ、そして組織としても個としてもゴールを狙えるような、そういうサッカーをしていくべきだと私は思っています。

名前は言いませんが私が尊敬する師匠と仰ぐ指導者が10年前に私にネクタイをプレゼントしてくださいました。私は今そのネクタイを初めて着けました。10年前にもらったネクタイを今日初めて着けました。奇しくも黄色いユニホームのチームでもらったネクタイの色が青なんですよ。これ、ブラウブリッツカラーです。昨年は私の車の色が青で、ブラウブリッツ、日本語に訳したら青い稲妻という話をしました。今日は10年経って初めて着けたこのネクタイはブラウブリッツカラーの青です。つまり、監督に就任した私自身は2年目の年になりますが、2年目でもう私はここが人生で勝負の年だと思っております。

今ここにいる新加入の選手たちにはよく聞いていただきたい。今日初めて顔を見た選手もいますけれども、もちろん、この1年間、半年かけて岩瀬社長と僕が見定めた選手たちです。目標とする順位は同じく7位以上、この壁は何とかクラブとして破りたい。ただ、これだけの選手が人生を賭けてこの秋田に集まった以上、どんな試合であろうが目の前の相手に負ける気はありません。なので、1試合1試合が勝負です。この積み重ねがしっかりと行われれば気づいたときにもう少し上の位置から違う景色が見られると思っています。今年1年間、よろしくお願いします」

●太田渉 ゴールキーパーコーチ
「皆さん、こんにちは。寒いですね、秋田。はい。今年、今シーズンからゴールキーパーコーチとしてブラウブリッツ秋田で仕事できることを本当にうれしく思っています。
まず、ちょっと簡単に、本当に初めましてになるので自己紹介、本当にサクッとしたいんですけれども。出身は大阪です。高校卒業してブラジルに行ってそのあと日本に帰ってきて、ヴァンフォーレ甲府、愛媛FC、新潟のジャパンサッカーカレッジでゴールキーパーコーチとして指導して、その後、去年大阪に戻って、本当にいろんなたくさんの新たな出会いがあってご縁があって岩瀬社長に声をかけていただいて、本当にこういうご縁があり、ここに居てます。
本当に僕は「地元の大阪に戻って何でわざわざ秋田に行くの?」といろんな人に言われました。「何で秋田なの。秋田何もないやん」、すげー言われたんですね。ただ僕の中で秋田に何もないというのじゃなくて、秋田にブラウブリッツ秋田があるから僕はここに来ようと思いました。遊ぶところがなくても全然かまいません。はい。それを求めてきたわけじゃないので。ブラウブリッツ秋田のために、選手のため、フロント、スタッフ、サポーター、ブラウブリッツ秋田にかかわる全ての人のために本当に尽力したいと思います。ここで本当に今日出会えていることも本当に何かの縁やと思うので、これからそれを結果で返したいと思いますので、1年間よろしくお願いします」

新加入選手の挨拶や質疑応答はこちらから!

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報