西ヶ谷 隆之監督(水戸)【2016シーズン開幕!あなたのクラブの監督をご紹介!】

2016年2月26日(金)

2016シーズン、あなたが愛するクラブを率いる監督はチームをどのようにして導いていくのか。キャラクターは?戦術は?皆さんの期待が高まる開幕直前、そんなファン・サポーターに向けてJ's GOAL担当ライターが各クラブの監督についてレポートします。
----------
(C)J.LEAGUE PHOTOS

西ヶ谷 隆之

■生年月日:1973年5月12日
■出身地:静岡県

■指導歴
2003年 筑波大学蹴球部 コーチ
2004年~2006年 東京ヴェルディ1969ユース コーチ、明治大学サッカー部 コーチ(兼務)
2007年 東京ヴェルディユース コーチ
2008年~2009年 東京ヴェルディジュニアユース 監督
2010年~2011年 中京大学サッカー部 監督
2012年~2012年5月 アルビレックス新潟 ヘッドコーチ
2013年~2015年6月 水戸ホーリーホック ヘッドコーチ
2015年6月~ 水戸ホーリーホック 監督

キャラクター

 
熱血漢    クール
非常に
やや
普通
やや
非常に
一言メモ
もちろん、練習の中では激しく激を飛ばすような「熱血漢」ではあるものの、それ以上に状況を冷静に分析して判断を下す印象が強い。また、試合後の記者会見では勝っても負けても感情を表に出すようなことはない。

選手との対話

 
引き出す    伝える
非常に
やや
普通
やや
非常に
一言メモ
昨季コーチから監督に就任。「監督と選手の間に入る」コーチ時代のスタンスを継続している。大学時代に指導を受けた兵働昭弘は「大学時代は怖かったけど、今は丸くなった」と印象の変化を語る。

戦い方のベース

 
スタイルを貫く
(初志貫徹)
    型にはまらない
(変幻自在)
非常に
やや
普通
やや
非常に
一言メモ
「自分たちのスタイルを出す」。それが西ヶ谷監督の口癖だ。実際、昨季も指揮を執った試合はスタイルを変えずに戦い抜いた。ただ、自分たちのスタイルという大枠の中で柔軟に形を変えるのが西ヶ谷サッカー。状況に応じた変化で勝利を引き寄せる。

Jリーグのファン・サポーターにも知って頂きたい監督のエピソード
昨季定番となった座って指揮を執るスタイル。その理由を聞くと、「ベンチに下がる必要がないから、前に出続けているんだけど、ずっと立っていると疲れちゃうので座っている」との返答。昨季途中に西ヶ谷監督がヘッドコーチから監督に就任したことにより、(専属の)コーチは森直樹コーチと河野高宏GKコーチの2人に。ただ、森コーチは試合中スタンドから試合を分析をしてベンチに情報を送る役割のため、ベンチにはおらず。戦術などの相談はインカムを通して行われたため、ベンチに戻る必要はなかったという。今季ホームでは上園コーチがベンチ入りする予定。座る姿は見られなくなるかも!?

2016.02.26 Reported by 佐藤拓也

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報