【清水 vs 松本】 ウォーミングアップコラム:運命を切り開くのは“自分たちしだい”だという証明を!

2016年3月12日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

今年の第3節は、偶然にも昨年と同じ状況で同じ相手と当たることになりました。

昨シーズンは、開幕戦はホームで鹿島に3-1で快勝し、次のアウェイゲームは新潟と0-0で引き分け。そして第3節のホームゲームで松本と当たり、0-1で敗れてからチームのリズムが崩れて、そのまま5連敗。そこから流れを取り戻すことができず、ファーストステージは3勝しかできないままクラブ史上初のステージ最下位。そして年末にはJ2降格……という悪い流れのきっかけとなったのが、他ならぬ松本戦でした。

今シーズンも、1勝1分でホームの松本戦を迎えるという流れは同じ。勝った順番と、失点0という部分は違いますが、何か運命的なものを感じざるをえません。今節で昇格争いの大きなライバルになる松本に勝てるかどうかは、本当に大きな意味を持つと感じている清水サポーターは多いのではないでしょうか。

また、昨年はアウェイゲームでも松本に0-1で敗れているので、まだ松本から点を取れておらず、失点は2点ともリスタートから。昨年のアウェイゲームで直接FKを決めた岩上祐三は大宮に移籍しましたが、今季は宮阪政樹という強力なキッカーが入っているので、やはりセットプレーは要注意。しかも、今年は清水の選手たちの特徴やウィークポイントを知り尽くした前監督の田坂和昭氏がヘッドコーチとしてベンチにいるので、これも気になるところです。
アウェイの松本としては、昨年と同様にしっかりと守って失点を0に抑え、カウンターやロングボール、そこから派生するリスタートなどで点を取れればOKということで、対決の構図がとてもわかりやすい試合です。

今回の松本戦にかぎらず、前半戦の3分の1にあたる最初の7試合で、J1からの降格組2チームと、昨年のプレーオフに進出した3チームと当たるという厳しい組み合わせ。新監督の下でチームを再建中の清水にとっては、試練以外の何ものでもありません。小林伸二監督も「ありえないよね」とぼやきつつも「(この試練に)屈したくない」と気合十分。
もちろん、選手たちも今節・松本戦の重要性は身に染みて感じていて、キャプテンの大前元紀も「去年勝ってないし、田坂さんもいるし、負けたくない相手です。うちは去年とは違うし、負けたくないし、負けるつもりもない。自分たちのサッカーをすれば勝てると思います」と力強く語っています。

昨年までの清水と比べて確実に変わりつつあることは、ここまでの準備や試合内容を見ればはっきりと感じます。今はチーム内にポジティブなエネルギーが充満しています。ここで勝てば、そのポジティブな流れが大きく加速することでしょう。
試合後に「エスパルスが成長するための運命的なマッチメイクだったんだね」と言えるように、オレンジ戦士たちにはぜひ自分たちの力で“運命”を切り開いてほしいと強く願っています。

文:前島芳雄(清水担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
3月13日(日)13:00KO アイスタ
清水エスパルス vs 松本山雅FC
IAIスタジアム日本平(清水エスパルス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.7)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.7)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報