【福島 vs 秋田】 ウォーミングアップコラム:新たなるみちのくダービー。街の誇りをかけた戦いができる幸せを噛みしめ、楽しもう!

2016年3月12日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

みちのくダービー、と言うとこれまではJ1ベガルタ仙台と現在J2のモンテディオ山形の対戦を指して呼ぶことが多かった。しかし、一昨年J3リーグが立ち上がり、東北勢のJクラブが3つ誕生し、新たなるみちのくダービーが行われ始めた。福島ユナイテッドFCとブラウブリッツ秋田の対戦もまたその一つである。

福島と秋田はよく似ている。まず昨季の順位は福島は7位、秋田は8位と非常に近い。どちらも中位から上位へのステップアップを目指すシーズンである。そして福島は就任3年目の栗原圭介監督、秋田は就任2年目の間瀬秀一監督という若手監督が時間をかけてチームづくりを進め、積み上げたものをさらに発展させようとしている。一昨季は福島の2勝1分、昨季はリーグ戦で1勝1分1敗の五分。天皇杯でも対戦し、その時は秋田が勝利していて、ここ2年の公式戦対戦成績は福島の3勝2分2敗となり、対戦成績もほぼ互角で、力は拮抗している。そして何より、東北の地に根を張り、J3リーグ3年目を迎えたクラブ同士。激しい試合になるのは間違いない。

福島と秋田のサポーターの皆さんには、ぜひ街の覇権、誇りをかけた戦いを楽しんでもらいたい。仙台と山形のみちのくダービーは、互いのプライドがぶつかり合い、サポーターも非常にヒートアップする。勝った方はいつもの試合以上に喜び、負けた方は悔しさを隠さない。3年目となる福島と秋田のダービーマッチも、互いに絶対に負けられないという気持ちをぶつけ合うダービーとなることを期待したい。

震災から5年、大きな被害を受けた福島の地で、東北のクラブ同士でJ3リーグ開幕戦を行えることは意義深い。復興はまだ道半ばだが、両チームとも東北の人々へ勇気と感動を与えるべく戦って欲しい。ぜひ多くの方々にとうほう・みんなのスタジアムへお越しいただき、サッカーのある幸せを噛みしめながら、街の誇りをかけた戦いを楽しんでもらいたい。

文:小林健志(福島担当)


明治安田生命J3リーグ 第1節
3月13日(日)13:00KO とうスタ
福島ユナイテッドFC vs ブラウブリッツ秋田
とうほう・みんなのスタジアム(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.1)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集