【G大23 vs 盛岡】 ウォーミングアップコラム:公式戦ならではの興奮を、財産に。

2016年3月19日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

先週末、市立吹田サッカースタジアムで迎えたJ3リーグ開幕戦。殆どの選手が新スタジアムのピッチに初めて立ったからだろう。試合後には誰もが興奮気味にその時間を振り返っていた。
「新スタで初めて試合を戦ったけど、めっちゃいいスタジアムだと改めて感じた。自分が頑張ればもっとお客さんの入ったいい雰囲気の中でプレーできる。今後はそれをモチベーションにしながらやっていきたい(MF堂安律)」
「このスタジアムでプレーできたことはもちろん、練習試合とは違ってお客さんから声援を受けながらプレーできたことはモチベーションになった。改めてトップチームの一員としてここでプレーできる選手にならなければいけないと思いました(DF野田裕喜)
「勝てなかったのは残念だったけど、とにかく楽しかった。試合が終わって誰もが『明日にも試合をしたい』と言っていたくらいですから(笑)。もちろん、かといって満足している選手は一人もいない。トップチームでの活躍を目標に、いい経験を積み上げていきたいと思う(DF平尾壮)」

この日の入場者数は約3400人。4万人が動員できるスタジアムであることや、実際、トップチームの試合には何倍ものファンが駆けつけると考えても、決して多い数ではないが、ゴール裏ではサポーターからトップチームさながらの応援が送られ、かつ1つ1つのプレーに熱視線が注がれる中でプレーできたことは、試合後の若手選手たちの表情をみても確かに収穫だったと言える。U-23チームを率いる實好礼忠監督は言う。
「試合後、選手たちが、こういう環境での試合は中毒になるよね、と話していたが、そのくらい興奮できる環境で試合ができたという意味で、本当に大きな1試合だったし、普段から選手には『日々の積み重ねが大事だ』と言ってきたが、今日はその『積み重ね』がだいぶ積まれた試合だった。ただ、まだまだ課題はある。トップチームでの競争に割って入るためにも個の質をもっと追究していかなければいけないし、常に成長することを求めながら結果も求めてやっていきたい」

クラブとしてもまた新たな一歩を踏み出したJ3での挑戦。そこに見た若手選手たちの躍動は、近い将来、着実にクラブとしての『選手層の厚み』に繋がっていくはず。その『近い将来』に繋がるプレーが2節のグルージャ盛岡戦でも楽しめるのか。20日の14時、再びホーム、市立吹田サッカースタジアムで行われる一戦に足を運び、ぜひその目で確認して欲しい。

文:高村美砂(G大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第2節
3月20日(日)14:00KO 吹田S
ガンバ大阪U-23 vs グルージャ盛岡
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪U−23)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.6)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集