【湘南 vs 神戸】 ウォーミングアップコラム:休んでる場合じゃねえんだぞ

2016年4月1日(金)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

菊地俊介の負傷に関するリリースが出されたのは先月末のことだ。右ヒザ前十字靭帯損傷、全治8ヶ月の重傷だった。

「俊介自身がいちばん悔しいだろうし、いちばん辛いこと」同期の三竿雄斗は言う。
「自分は大怪我をしたことがないから分からない部分はあるけど、それでも俊介の怪我を無駄にしないために、意識のところだったり戦うところだったり、サッカーができる喜びを表現することがせめて自分にできることなんじゃないかと思います。試合ができる喜びをもっともっと感じなければいけない」

大宮のジュニアユース時代から互いを知る石川俊輝は菊地とポジションも重なる。かかる役割も大きかろうが、けれど石川自身の受け止め方は少し異なる。
「そういった役割というより、俊介のために、俊介ができない分は自分が、もしくはチームが頑張るしかない。まあ、ゆっくりリハビリしてる暇はねえぞと、休んでる場合じゃねえんだぞというプレッシャーを俊介にかけられるように頑張りたいです」

冗談めかして言うものの、「大事なチームメイトなので」つぶやくまなざしに笑いはない。

怪我をした際の光景が思い出される。練習を途中で打ち切り、ひとりグラウンドの片隅のベンチに座る菊地のもとへ、全体練習を締めるや仲間が皆集まってくる。大竹洋平が話しているのはおそらく自身の経験から何がしか声を掛けたのだろう。少し離れた指揮官の背中にも心配が浮かんでいる。

今節の神戸戦は菊地の怪我がリリースされてから初めてのリーグ戦となる。仲間が怪我をしたから頑張る、ということではない。もちろん結果も分からない。ただ、彼らはきっと、いつも以上にピッチに想いを傾けるだろう。湘南に寄り添う皆もまた、ともに。

文:隈元大吾(湘南担当)


明治安田生命J1リーグ 1st 第5節
4月2日(土)18:30KO BMWス
湘南ベルマーレ vs ヴィッセル神戸
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報