【YS横浜 vs 秋田】 ウォーミングアップコラム:鋭い読みでボールを奪い、発信源となるDFリーダー

2016年4月9日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

開幕してから、わずか1失点と好調を見せるDF陣の中心にはこの男がいる。松田康佑だ。
鋭い読みでボールをことごとく奪うプレーが素晴らしい。前節の鹿児島戦では彼とマッチアップする選手は簡単にボールを奪われ潰される場面が多々あった。しかし「ボールを取った後失う回数が多かった」と松田が語るようにせっかく奪ったボールを簡単に渡してしまうことが多くチャンスを作り出すことができなかった。

「しっかりボールを繋ぐとこの使い分けもそうだし、チームとして後ろから声かけて『今前に行くところだよ』など声を掛けることを意識している」と言うようにコミュニケーションを怠らず自分から発信し、より良い攻撃のルートを探し出すことが松田の役割だと言える。
秋田戦では松田のパスや声が発信源となれば良い攻撃を展開し試合を制圧できるだろう。

その良い攻撃を見せた紅白戦では、松田自身が前線に駆け上がり得点する場面が見られた。元FWでもありアマチュア時代には得点王になった程の得点力を兼ね備えていて、センスも抜群だ。「チャンスがあれば、試合でも狙っていきたい」と虎視眈々にゴールを狙っており常に頭の中にゴールがある。松田だけでなくボランチ、SB、CBが後ろからどんどん追い越してゴールに向かっていけば自分たちのペースを掴むことができる。ゴールへの迫力が見られなかった前節を忘れさせるような試合を見せる為にも、シュートで終わる意識がポイントとなる。

前節のホーム開幕戦で勝つことができなかったが、まずホームでの1勝を挙げたい。松田の鋭い動きでボールを奪いゴールへ繋がるプレーができたら、ホーム初勝利にグッと近づく。

文:髙澤真輝(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第4節
4月10日(日)13:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs ブラウブリッツ秋田
ニッパツ三ツ沢球技場(Y.S.C.C.横浜)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (4.2)
アクセス (4.0)
イベント充実 (2.4)
グルメ (2.7)
アウェイお楽しみ (2.5)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集