【愛媛 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:チームの“ダイナモ”藤田息吹が求める攻撃面での成長

2017年4月21日(金)



愛媛での過去2シーズンでそうであったように、今季もチームの中盤で類稀なるハードワークを見せ続ける藤田息吹。ピッチの外では控えめで言葉数の少ない物静かな青年だが、ひとたびピッチに立つや底を見せない豊富な運動量で駆け回り、対峙する体格で勝る相手選手とも対等以上のフィジカルでのせめぎ合いを演じる。その存在感は170cm、68kgの小柄な体とは対照的なほど大きなものだ。

今季は開幕戦こそベンチに回ったが、それ以降の全試合で先発フル出場。守備面においての安定感、信頼感は揺るぎないものとなっている。加えて、今季はチームとして全選手が過去最高のパフォーマンスを求めることを指針として臨んでいることもあり、藤田自身も新たな境地を開拓すべくトライする部分がある。それは攻撃面でのチームへの貢献だ。

その主戦場がボランチであることは変わりないが、今季は試合途中でシステムを3-4-2-1から3-5-2へとシフトする機会も多い。そうなった時の藤田のポジションは中盤の底からひとつ高い位置へと移る。そこから守備でスイッチを入れることはもちろん、直接的にゴールへと向かうプレーも求められるようになった。自身も「攻撃ではひとつ前に入れる分ゴール前に入っていく回数を増やしたい」と話すように、エリア内で攻撃に絡む回数は昨季よりも格段に増えており、直近の2試合では複数本のシュートを放つなど、進化への片鱗は見せている。

「ボランチから点を取れると大きい」。守備での定評の高さはそのままに、攻撃面でも才能が開花すれば、その小さな体は巨人のような存在感を放つようになるはずだ。

文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
4月22日(土)15:00KO ニンスタ
愛媛FC vs V・ファーレン長崎