【浦和 vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:槙野智章が思い描く、キーマン・都倉賢の封じ方

2017年4月21日(金)


前節のFC東京戦、浦和は1-0で勝利を収め、4連勝をマークした。しかし試合後、多くの選手たちの口から出てきたのは反省の言葉だった。ミハイロ ペトロヴィッチ監督がロマンよりも実を選ぶ決断を下して守備の安定を図った影響があったとは言え、予想以上の劣勢を強いられたからだ。

しかし、守備の重責を担う3バックの槙野智章(写真)は「自分たちの理想とするゲームプランではなかった」としつつも、「相手の状況を考えた上では最低限の仕事ができたと思うし、ACLとの連戦、気温が9度から27度に上がったこと、相手は連戦でなかったことを考えれば、よくできたと思う」とFC東京戦に関して一定の評価を与えている。

しかし、今回は違う。試合まで中5日ある。対戦相手となる札幌は浦和と同じ3バックを採用していて、フォーメーションが噛み合う。だから相手を凌駕しなければならない、槙野はそう考えている。

「ミラーゲームでは、自分たちのいいところを出さないといけない。個の強さが浮き彫りになるので。自分たちの方が長くこのシステムでやっているし、長くこの仲間、監督とやっているし、そういう意味では、うちらしさが出るゲームになると思うし、出さないといけない」

ただ、彼我の差を見せつけて勝利するためには、注意しなければいけないことがある。都倉賢の存在だ。リーグ戦7試合で4ゴールを決めているストライカーは、札幌の絶対的なキーマンと言っていい。とりわけ、長身と強靭な肉体で優位に立てる空中戦の強さは圧巻で、アバウトに蹴り込んだボールでもチャンスを作れてしまう。“戦術・都倉”と言わんばかりのロングボール攻撃は、シンプルながらも相手に守備の不確定要素を生み出す実に嫌らしい仕掛けだ。

槙野も「都倉選手は高さ、強さがあり、相手のポイントゲッターになっている。彼は今シーズン、ポイントをかなり掴んでいる」と警戒する。特に空中戦では劣勢を強いられる可能性が高い。

もっとも、沈黙させるイメージは描けている。個のバトルでチャンスを作られる局面に持ち込まれる前に、彼の活躍の場をチームで奪ってしまえばいい。「彼の良さが出るのは間違いなくペナルティエリアの中、そしてクロスからの高さの部分。だから、彼をゴールから遠ざけることと、自由な時間を与えないことをロスタイムを含めて90分間やらないといけない」と力を込める。

浦和自慢のパスワークで札幌の選手を自陣深くまで押し込み、ボールを失ったとしても高い位置で迅速に奪い返す。それができれば、浦和のゴールから都倉を遠ざけることができる。その“敵陣でゲームを進める”戦い方は今季、浦和が目指すべきスタイルとして掲げているものでもある。つまり、シーズン前から描いてきた青写真どおりの戦い方ができれば、浦和完勝のシナリオが見えてくる。槙野はそう考えている。

文:神谷正明(浦和担当)


明治安田生命J1リーグ 第8節
4月22日(土)14:00KO 埼玉
浦和レッズ vs 北海道コンサドーレ札幌