【徳島 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:大﨑玲央。人生初の古巣対戦、かつ26歳初陣!

2017年8月10日(木)


今季、横浜FCから徳島に加入した大﨑玲央(写真)。アウェイで行われた前半戦の第5節・横浜FC戦(2○0)はメンバー外。出場すれば今節が初の古巣対戦となるが、今の心境はシンプルに「楽しみです」。

また、8月7日に26歳の誕生日を迎えたばかり。ここからの目標を尋ねると「個人としては、3得点ですね」。DF登録でCBとして出場が続いているだけに、真っ先に返ってきた回答が得点というのは意外だったが、「セットプレーからなかなか得点できていません。終盤に向かうにつれて、セットプレーが決め手となる試合が増えていきます」と高さを生かしてチームに貢献したいという気持ちが伝わってきた。とはいえ、まずは無失点が大前提。J1昇格を目標に掲げる中、チームが設定した目標は「失点30以内です」。かなりハードルの高い設定だが、この数字を意識していることが大﨑玲からはよく伝わってくる。残り16試合で6失点以内。その任務を遂行できたならば、それ相応の順位は約束されている。攻守ともに活躍してくれることを期待したい。

そして、横浜FC戦といえば08-14年まで徳島の強化部長を務めた中田仁司監督も馴染み深い。中田監督との関係性を尋ねると、14年にアメリカ合衆国のカロライナ・レイルホークスでプロ生活のスタートを切ったのち、「横浜FCに拾ってくれた監督です」。徳島からオファーがあった時には、中田監督にも相談したそう。「引き留めもしてくれましたが、選手としては声がかかることも幸せなことでした」。最終的に移籍を決断すると、その後は「徳島のことをたくさん教えてくれました」と前向きなサポートがあったようだ。プレシーズン中、宮崎県で行われた大宮との練習試合(1△1)を見学に来ていた中田監督。試合後、得点を決めて守備でも躍動した大﨑玲が挨拶へ向かうと、「うちではあんなプレッシャー行ってなかったのにな。得点も取らなかったもんなぁ!(笑)」とTHE・中田節でいじられていたが、今節も活躍して同様のいじられ方をしてもらいたい。

文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第27節
8月11日(金)19:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs 横浜FC

スタジアムナビ

スタジアムナビ