【京都 vs 福岡】 ウォーミングアップコラム:大黒将志の先発の裏にあるチームの成長に、評価と期待を!

2017年8月10日(木)


本編に入る前に一つだけ。今節、吉野恭平が累積警告で出場停止となる。ここまでの彼の働きでこちらが感心していたのは、攻め込まれた時、彼がサイドと中央の間のスペースを献身的に埋めていたことだ。

具体的には左サイドバックの本多勇喜と下畠翔吾の間をカバーすることで、下畠翔吾(センターバック)が外に引き出されることを防いでいた。これはチームの決め事ではなく彼の判断だと思う。なぜなら、逆サイドではこれが徹底されていない、だから、サイドと中央の間のスペースを埋めていたのは吉野の判断だった、と思っている。

押し込まれた時、ボールサイドにサイドバックやサイドハーフ、そしてボランチ二人が行けば4人対応となる。そうなれば、必然的にゴール前は4枚(計8人)。さらに、FWから1枚戻ってくれば、守備9枚となりバランスの良い守備が出来るのではないか。つまり、吉野一人の判断が守備陣に良い流れを生んでいた、ということである。
累積警告による彼の欠場で不安を感じるより、安定した守備を構築できる様にチーム全員でどれだけ意識を高められるか、そこに目を向けるべきだろう。

前節、大黒将志(写真)が先発に起用された。大黒の凄まじさは……、改めて書く必要はないだろう。こちらとしてはその動き、そのプレーに感心しっ放しだ。

さて、今節に大黒を取り上げようと考えた訳、それは、大黒が存在感を放てる様になった理由として、もう一つ、チームの成長があるのではないかと思ったからだ。
ケヴィン オリスと田中マルクス闘莉王の2トップが誕生した背景、それは、京都のビルドアップのレベルの低さが主な理由だった(辛辣な指摘ではあるが……)。後ろから繋げないのでターゲットに「放り込む」。最初はそんな戦い方だった。

だが、この2トップが機能し始めると、小屋松知哉の動き出しなども加えて攻撃のバリエーションが増え始める。この流れと合わせて、単に「放り込む」だけだったロングボールがタイミングを計る様になったり、スペースを狙う様になったりと工夫をこらす様になる。
そして、エスクデロ競飛王のボランチ起用。最終ラインよりも前でシンプルにクロスを入れられる様になり、「高さを狙う」「スペースを狙う」がより自在に出来る様になる。

要は、後ろからのロングボール一辺倒だったのが、狙いを持ってサイドやスペースを使えるまでにレベルが上がって来た、ということである。
大黒を生かすなら、GKやセンターバックのロングボールより、もっと前からパスやクロスを入れる方が良い。後半戦になってようやくそれが出来はじめた感じか(エスクデロが居る、居ないで大きく違うだろうけど……)。時間はかかったが、少しでもボールを運べる様になった点をもっと評価しても良いと思う。

出来るだけ、可能な限り相手ゴール近くまで攻め込み、狙いをもって、丁寧にパスを送る。或いは、サイドからクロスを入れる。ロングボール戦術を否定することもない、だが、FWを生かすならこうしたことも出来ないといけない。

それに対して、相手もそれをさせまいと必死になってボールに喰らい付き、パスコースを塞ぎ守ってくる。京都はそこでどう判断するか……。ロングボールで制空権を握るか、サイドから迂回を図るか、相手をかく乱するスペース攻略か、それとも急所を貫く飛び出しか……。京都の潜在能力はまだまだ引き出されていないと思う。さらなる意欲を持って攻撃に出てくれることを望みたい。

文:武田賢宗(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第27節
8月11日(金)18:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs アビスパ福岡

スタジアムナビ

スタジアムナビ