【横浜FM vs 鳥栖】 ウォーミングアップコラム:「サポーターなしにはプレーできない」by富樫敬真

2017年8月12日(土)


8月10日に誕生日を迎え、満24歳になったFW富樫敬真(写真)。プロ1年目の昨年と比べると、明らかに体が“ごっつく”なっている。聞けば、ここ1年で体重が「約6kg」も増えたそうだ。しかも、「めちゃくちゃ筋トレをやっているわけでもないし、食べる量も大学(関東学院大)時代より減っている」なかで。では、なぜ増えたのか?

「普段の練習や試合でのコンタクトプレーだけで、自然とデカくなっていった感じです」。特に中澤佑二、ミロシュ デゲネク、栗原勇蔵らの「堅守・横浜FM」を象徴する猛者と対峙する“ぶつかり稽古”は、それだけで勝手にフィジカルトレーニングになるのかもしれない。また、技術面でも彼らを相手に練習する影響は、「相当大きいと思います。やっぱり練習のほうが難しいですもん。試合のほうがボールを収めるのが簡単だし、特に俺は練習が上手くいかないですね」。

ただし、試合のほうが上手くいくのは、メンタル面も加味されているからだという。「ピッチに立つと、サポーターの声援みたいなものが、そのまま集中力に繋がるというか、パワーになるというか、そういう感じがする。きれいごとじゃなくて、自分の中では結構ガチでそれがあって、逆にそこに依存してしまっている。サポーターなしにはプレーできない感じになっちゃってますね(苦笑)そこは直していこうと思っているんですけど…」。

良いふうに捉えれば、アドレナリンがプラスに作用する「本番に強いタイプ」と言えるだろう。不思議な力をもつ“天然”ストライカーが、バースデー後1発目の試合で、何か魅せてくれそうな予感がする。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)


明治安田生命J1リーグ 第22節
8月13日(日)19:00KO ニッパツ
横浜F・マリノス vs サガン鳥栖

スタジアムナビ

スタジアムナビ