【大分 vs 福岡】 ウォーミングアップコラム:鈴木義宜「J1にいけるチャンスを逃す必要はない」

2017年10月13日(金)


「残留ができ、勝点54もクリアした、ある程度は満足しているが、プレーオフに出ることで得ることはたくさんある。J1にいけるチャンスを逃す必要はない。ここからプレッシャーのかかる6試合を楽しみたい」
今季も不動のCBは3年連続チーム最長出場時間を記録しそうだ。積み重ねた経験は大きな糧となり、チームに安定感をもたらしている。

J1昇格プレーオフに向けて、負けられない大分は今節の福岡戦を皮切りに、松本、徳島と上位陣との対戦がある。鈴木義宜(写真)は「これ以上(勝点を)離されるわけにはいかない」と静かに闘志を燃やす。前節は2点のリードを守り切れず、18分間に3失点する悔しさを味わった。「相手がシステムを変え、戦い方を変えたときに修正できなかった」と反省し、「戦術云々ではなく目の前の相手を抑えることに集中したい」と気持ちを切り替えている。

今季の大分は強力な外国人ストライカーに失点している。福岡のウェリントンは前節の横浜FC戦で決勝ゴールを含む2得点を挙げた。J2得点ランキング3位に浮上し、大分が最も警戒すべき選手だ。マッチアップすることも考えられる鈴木義は、「福岡は(ウェリントン以外にも)前線にタレントが揃うが、普段通り(竹内)彬さんと話しながら対処したい」と話し、「勝負所で決めるか、守れるか。紙一重のところで上回り、チームの勝利に貢献できるプレーをした」と活躍を誓った。

今季の目標は「無失点試合を増やすこと」と「5得点」を掲げている。残り6試合で2得点すれば目標達成となる。「それができればプレーオフは間違いない」とセットプレーの得点源としても注目したい。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J2リーグ 第37節
10月14日(土)14:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs アビスパ福岡