【2018シーズン始動!】FC東京:2018新体制発表会での出席者コメント(1)

2018年1月13日(土)

1月13日(土)、FC東京の2018新体制発表会が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------


●石川直宏氏(FC東京クラブコミュニケーター)
「FC東京クラブコミュニケーターとして新たなチャレンジを今季からしていこうと思っています。選手としてはファン、サポーターの熱意、誇りをピッチの上で力として発揮できるようにしたいと思ってきました。自分にとってFC東京は共に歩んで成長してきた存在でした。その中で、引退を決意して、選手として出し切った後にどういう形で関わっていけるか、どういう形で貢献できるかを考えてきました。もちろん自分の経験を現場で伝えることも考えたことも、全く現場から離れてフロント入りすることも考えました。いろんなことにチャレンジしてみたかったし、興味もあったので、クラブにはその思いを伝えました。そして、今のこのクラブで必要なことは一体感を持つことだと思いました。2002年に加入してから、結果につながっていない部分もありますが、クラブは成長を遂げてきたと思います。現場、フロントスタッフ、ファン、サポーター、株主や、ステークホルダーの皆さんをつなぐ懸け橋になっていきたい。いろんな形で、間に入ることでつなげられると思い、それを伝えて役職を検討した中で、決めました。

今日、小平に久しぶりに来て、ファンや選手、コーチングスタッフの皆さんとも話をして、これからこういう形でやっていくことになりましたと伝えました。ただ、そのあいさつ中に、クラブコミュニケーターという役職を何度もかんでしまったので、CEOみたいに役職を短くすればとアドバイスをくれる人がいました。これからは、メールのCcみたいですけど、CCと読ん でください。メールのCCはCarbon Copyの略ですが、メールを発信する中で、CCをつけることで細部に行き届くイメージがあるので、そういうイメージを持ってもらってもいいのかなと。ファン、サポーター皆さんの声をどんどん聞きながら、クラブの内部のことを皆さんにも発信していきたい。強く愛されるクラブを目指していきながら、自分が選手として成し遂げられなかったリーグ戦のタイトル、そして、日本サッカーを首都東京からさらに盛り上げていきたいという気持ちでこの役職につきました。これからいろんな形でファン、サポーターの皆さんと接する機会はあると思いますが、これから共に歩んでいけることを楽しみにしています。選手とは違うスーツ姿でクラブとして成長していきたいと思います」

●羽生直剛氏(強化部スカウト担当)
「今年からFC東京強化部のスカウト担当として働かせていただくことになった、羽生直剛です。こんな綺麗で、おしゃれなところで、ナオの肩書はかっこいいんですが、スカウトという渋い感じの肩書は僕らしいのかなと思いました。今年は何も分からないし、トライ&エラーを重ねながら過ごす一年になると思います。期待に応えられるかどうか、緊張しいだし、非常に怖い。できることは何かを考えて、選手時代から大切にしてきた運動量と、人と人をつなぐポジショニングや、常に全力にやること、常に楽しくやることをテーマに1年間をすごそうと思っています。1年が終わった時に、周りの人から認められて、またもう一年やらせたいという働き方をしたいなと思っています。

とにかくいろんな試合を見に行ったり、クラブ内でいろんな部署や、いろんなものと現場をつなげていきたい。もしもクラブの中で、社長に何か言いたい人がいたらいってやろうと思っています。皆さんとクラブが近い存在であるように、ナオと同じくそれができる立場にあると思っているので風通しのいいクラブを目指してやっていきたいと思っています。20周年を迎えるクラブと一緒に、その新しいチャレンジができる一人になれることを誇りに思いますし、幸せに思います。ずっとプロでやってきたので、この仕事に冠してもプロ意識を持ってやっていきたいと思います。よろしくお願いします」

新体制発表記者会見での出席者コメント(2)はこちら!

J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビでFC東京のホームスタジアム「味の素スタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
味の素スタジアム(FC東京)

スタジアムナビ

スタジアムナビ