【2018シーズン始動!】藤枝:2018シーズン新加入選手発表記者会見(1)

2018年1月11日(木)

1月10日(水)、藤枝の2018シーズン新加入選手発表記者会見が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------



大石篤人監督あいさつ
「藤枝MYFCは2018年のチームのコンセプトとして一体感というものを掲げてやっていきたいと思います。昨シーズンは7位という結果で、得点50、失点43という形でしたが、得点数は継続しつつ失点数を減らすために、より進化した形で藤枝のチームを作り上げていきたいと考えています。その中で多くの選手が今季加入してくれましたが、藤枝というJ3の中で特徴のあるサッカーということを、ここにいる全ての選手たちが理解し、共有し、良いサッカーをして勝つというところまで持っていけたらなと考えています。サッカーをするうえでいちばん大事なところは、家を建てると同時に土台作りが非常に重要になると思いますので、昨日からトレーニングは開始し、1月終わりから鹿児島県霧島市でキャンプを行ない、2月は静岡に来るJ1、J2の相手とプレシーズンマッチを戦いながら開幕を迎えていくという形を考えています」


【大石監督 新加入選手紹介&選手あいさつ】

大石監督
「今季は16名も新加入選手がいますので、さっそく選手の紹介をしていきたいと思います。
1人目は垣根拓也選手です。すごくポジティブな性格で、明るい人間性の持ち主で、合流して2日目なんですが、いつも笑顔を絶やさず練習をしてくれています。試合中も攻守両面で活躍してくれる選手だと思います。昨シーズン、対戦相手の盛岡ではたいへんやっかいな選手でしたが、チームメイトになったということをうれしく思っています」

垣根拓也選手
「グルージャ盛岡から移籍してきました垣根拓也です。このサッカーの街・藤枝でプレーさせていただけることを大変うれしく、光栄に思います。1日1日を大切にして、藤枝の勝利のために全力で戦っていきたいと思います。よろしくお願いします」

大石監督
「2人目は、養父雄仁選手です。この16名の中で2名ほどJ1の経験を持っている選手がいまして、その1名です。藤枝というチームはまだまだ経験が少ないので、彼に今までJ1、J2で経験してきたものを、ぜひ背中で語って、プレーで見せていただきたいと思っています。昨シーズン途中まで一緒にやっていた北川滉平選手からも、大変素晴らしい選手で兄貴的な存在だと聞いています」

養父雄仁選手
「V・ファーレン長崎から来た養父雄仁です。しゃべるのはあまり得意ではないので、今までの経験を生かしピッチで引っぱっていきたいと思います。ひとつでも順位を上げたいです。よろしくお願いします」

大石監督
「次は、藤枝出身のゴールキーパー、杉本拓也選手です。J3元年から私はずっと活躍を見ていたので、いつか一緒にできることを期待していました。今シーズン一緒にやることができて、大変うれしく感じています。中学、高校と藤枝で過ごし、地元藤枝を盛り上げてくれる存在としても期待していますし、人としてもプレーでもチームを引っぱってくれると考えています」

杉本拓也選手
「ガイナーレ鳥取から移籍してきました杉本拓也です。10年ぶりに藤枝でプレーできることをとてもうれしく思います。チームと共に自分自身が成長できるように頑張りますので、また応援よろしくお願いします」

大石監督
「次は、渡辺亮太選手です。昨シーズン、アスルクラロ沼津に加入して、藤枝とのゲームでも彼のアシストから得点を奪われていました。見ての通り強靱な肉体で、試合中も最前線で身体を張り、チームメイトを助けてくれるたくましいFWであります。また、コーチの新井とは仲が良く、内面はとても優しく、慕われる存在であると聞いていますので、うちのチームでさらなる飛躍を期待したい選手です」

渡辺亮太選手
「アスルクラロ沼津より加入しました渡辺亮太です。チームが勝つために、最前線で身体を張って、泥臭く貪欲にゴールを狙っていきたいと思います。ホームタウンの皆さま、地域の皆さまと一緒に盛り上げていけたらなと思います。よろしくお願いします」

大石監督
「次は、同じアスルクラロ沼津から移籍してきた小牧成亘選手です。昨シーズンはロアッソ熊本からレンタルで沼津に加入していた選手で、沼津とのアウェイゲームでは我々が点を取られています。スピードあふれるドリブル突破が武器で、サイドを制してくれることを期待しています。先ほどの渡辺選手と同様、運動量が大変豊富な選手なので、そこも期待して獲得しました」

小牧成亘選手
「アスルクラロ沼津から加入しました小牧成亘です。藤枝MYFCという素晴らしいチームに加入できたことをうれしく思うと共に、今はすごく楽しみな気持ちでいっぱいです。このチームにプラスαのパワーをもたらせるように一所懸命プレーしますので、よろしくお願いします」

大石監督
「次は、谷口堅三選手です。技術とスピードを兼ね備え、オフ・ザ・ボールの動きでも点を取ることができるストライカーです。ずっとJ3の中でおもしろいFWだなと目をつけていた選手ですし、シーズンを通してコンスタントに点を取れる能力を備えています。藤枝でさらなる得点を重ねてもらい、得点王までいける選手と見越して獲得しました。昨日のチーム顔合わせでも、みんなを笑わせるようなキャラクターを持っていますし、真面目なところもありますので期待しています」

谷口堅三選手
「こんにちは、グルージャ盛岡から加入しました谷口堅三です。僕自身、ピッチの中でも外でもチームを引っぱっていけるように、自分にかけられている期待というのも十分にわかっているつもりです。その期待に応えられるように、毎日全力でプレーします。この藤枝の地を盛り上げられるように一体感を持って頑張りますので、どうかよろしくお願いします」

大石監督
「次は、岩渕良太選手です。FC琉球、SC相模原、グルージャ盛岡とJ3の3チームを経験して、どのチームでも大変イヤな存在で、とても苦しめられました。このチームでは浅田大樹選手とも大変仲が良くて、なかなか背後に飛び出す選手がいない中、うちとしては大変貴重な選手として獲得しました」

岩渕良太選手
「グルージャ盛岡から今季加入しました岩渕良太です。チームの目標に大きく貢献できるように、日々の練習からしっかり取り組んでいきたいと思います。そういう姿勢とか残していく結果で、皆さんに気持ちを伝えていけたらなと思っています。よろしくお願いします」

大石監督
「次は、阿渡真也選手です。J3元年に藤枝が金沢と対戦したときに大変印象が強く、今季うちのチームで両サイド、そしてDFラインもできるということで、ユーティリティさを備えたプレイヤーです。J2で培った経験をチームに落とし込んでもらえればと思っています」

阿渡真也選手
ツエーゲン金沢から来ました阿渡真也です。チームのために全力でプレーして頑張ります。僕自身、成長できるような充実した1年にしていきたいと思います。よろしくお願いします」

大石監督
「次は、木下高彰選手です。水戸からの期限付き移籍という形になります。以前は浜松開誠館からジュビロ磐田に入って、昨シーズンは福島ユナイテッドに期限付き移籍していました。私の中で大変印象が強く、まだまだ伸びしろが大きい選手ということで、昨日まで交渉を続けて直前に獲得が決まった選手です。本当に前に対する強さもありますし、賢さも備えている選手なので、この藤枝でより成長して伸びてほしいと感じています」

木下高彰選手
「水戸ホーリーホックから加入しました木下高彰です。地元・静岡でサッカーをするチャンスを与えていただいたチームに感謝しています。チームのために全力で頑張りますので、よろしくお願いします」

大石監督
「では上段の選手に移って右から1人目が、齊藤隆成選手です。左利きで強靱な肉体を持ち、パワフルなディフェンスやサイドの攻撃ができる選手です。トライアウトのときに見て、すぐに獲得したいということで私が動いた選手です。まだまだ未知の可能性を秘めていますし、楽しみな選手ということで今回藤枝でプレーしてもらうことを望みました」

齊藤隆成選手
「こんにちは。京都から来ました齊藤隆成です。もう一度上を目指せる場所を僕に与えてくれたこのチームに感謝しながら、この1年全力で頑張っていきたいと思うので、よろしくお願いします」

大石監督
「次は、秋山貴嗣選手です。高い身体能力を生かしたプレーが持ち味で、サイドバック、センターバックと守備のポジションはどこでもこなせるユーティリティさを兼ね備えています。打点の高いヘディングで相手の攻撃をシャットアウトしてくれるでしょうし、藤枝が後ろからビルドアップするうえで、高い技術も備えています」

秋山貴嗣選手
「こんにちは、ガイナーレ鳥取から来ました秋山貴嗣です。自分のことを評価して獲ってくださった大石監督、クラブ、スポンサー、応援してくださるファン、サポーターの方々に責任あるプレーを見せたいと思うので、よろしくお願いします」

大石監督
「次は、光永祐也選手です。積極的な攻撃参加が持ち味で、昨シーズン熊本では3バックをやったり、ウィングバックをやったりということで、守備にも攻撃にも仕事ができる選手です。ふだんは温厚な性格ですが、試合になるとアグレッシブなプレーを見せて、頼れる存在になります」

光永祐也選手
「ロアッソ熊本から来ました光永祐也です。自分の力を精一杯発揮し、チームの力になれるよう全力で頑張ります。よろしくお願いします」

大石監督
「次は、稲垣雄太選手です。JFLのMIOびわこ滋賀から移籍してきました。彼は町田ゼルビアのときの印象が非常に強く、あのプレーがあれば藤枝で再び輝くことができるだろうということで、JFLから移籍をお願いしました。現在はケガをしていますので、リハビリ期間が終わったら、グラウンドに立って勝負してくれると思いますが、彼の特徴はスピードと前への推進力です。その武器を藤枝のグラウンドで皆さんに見せてくれると思っています」

稲垣雄太選手
「MIOびわこ滋賀から移籍してきました稲垣雄太です。まずはケガを治すことを大前提に、日々頑張っていきたいと思います。見ている人を熱くさせる全力プレーで頑張りますので、応援よろしくお願いします」
次は、金聖基(キム ソンギ)選手です。彼はこの前のE-1サッカー選手権にも招集された北朝鮮代表選手です。養父選手と同様にJ1の経験を持ち、去年はJ2の町田でプレーしていた経験豊かな選手です。強靱な肉体で相手の攻撃の芽を摘むプレーと、経験による冷静な判断というものを兼ね備えており、藤枝のDFラインをしっかりと統率してくれるというイメージで彼を獲得しました」

金聖基選手
「はじめまして、町田ゼルビアから来ました金聖基です。サッカー王国の静岡でプレーできることを大変うれしく思います。自分のサッカー人生をかけて一所懸命プレーします。よろしくお願いします」

大石監督
「次は、種岡岐将選手です。前に強いディフェンスで、市立船橋ではうちの増嶋コーチと共に戦ってきた選手です。性格も穏やかで、グラウンドではハードに戦えるというところから、再び彼の能力を引き出すために、この藤枝でより成長してもらいたいと考えています」

種岡岐将選手
「栃木SCから加入しました種岡岐将です。自分は身体を張った守備が特徴なので、謙虚にまじめにひたむきに、チームの勝利に貢献できるように頑張りますので、よろしくお願いします」

大石監督
「最後は、川上盛司です。今は仙台大学の4年生で、昨年は特別指定選手として福島ユナイテッドでプレーしています。そして今年栃木と契約したんですが、そのまま藤枝で成長してこいということで、栃木からのレンタルで藤枝に来ました。とても責任感があり、まじめな選手で、ときには強く、ときには冷静にプレーできる安定したプレーが持ち味の選手です。また複数のポジションをこなせる柔軟性も備えており、藤枝としては大変ありがたい選手なので、彼を成長させてより素晴らしい選手に育てていきたいと思っています」

川上盛司選手
「はじめまして、川上盛司です。僕が去年Jリーグデビューを果たした場所が、この静岡のスタジアムなので、どこか縁を感じています。藤枝の勝利のために全力で戦います。よろしくお願いします」

大石監督
「以上です。現在、ここにいる選手以外にも契約交渉をしている選手がいますが、現時点で決まっているのは、この16名になります。今、多くの選手が成長という言葉を口にしていました。藤枝は昨シーズン7位でしたが、あるデータではJ3のベストプレイヤーに7名選ばれていたり、7位のチームからたくさんの選手が他のチームに出ていったりということで、僕らが言えるのは、選手を成長させることができるということです。そして今年に関しては、その成長プラス順位というものを、すべての選手と一体感を持って求めていかなければいけないと考えています」

2018シーズン新加入選手発表記者会見(2)はこちら!




J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで藤枝のホームスタジアム「藤枝総合運動公園サッカー場」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
藤枝総合運動公園サッカー場(藤枝MYFC)

スタジアムナビ