【FC東京 vs 広島】 ウォーミングアップコラム:道をつくるMF橋本拳人が、かつての指揮官の道を塞ぐ

2018年4月24日(火)


FC東京のMF橋本拳人(写真)は、〝道〟をつくることができる選手になってきた。それは一歩ずつの積み重ね。地道な毎日が、今の彼を形作っている。

「何をいまさらと思われることを拳人はやってきた。それぐらいの基礎練習をやってきたからこそ。やり続けているからこそ、今がある。今の姿は必然だったと思う」
そう語るのは、安間貴義コーチ。2人は昨季途中から居残りで「止める、蹴る」の基礎練習を毎日繰り返してきた。体の向き、ボールの置き所を一から見直した。その成果が、ようやく実を結ぼうとしている。

足元の技術が向上したことで、自ずと顔も上がるようになった。視野が広がり、「全体を見てプレーできるようになった」(安間コーチ)。
だからこそ、安間コーチは「自分だけでなく全体の絵を見ることができるようになった。良い意味で余裕がでてきた」と続ける。

本人も、この〝安間塾〟の成果だと言う。

「安間塾で僕は成長した。安間さんはいつも僕に向かって何が悪いか指摘してくれる。ここがダメ、下手って何度も言われた。今でも細かい話をしてくれて、ズタボロのことを今でも言ってくれる唯一の人です」

橋本が成長したことで、ビルドアップも安定。それによって高萩が前線に飛び出す機会も増加。2列目の選手が得点に絡む機会も増えてきた。

そして今節、かつての指揮官と味スタで再会を果たす。

「初めて自分を開幕スタメンで使ってくれた監督。ACLだったりで良い経験を積ませてくれた。成長した姿を見せたい。僕らが倒しますよ、ここで」

首位を走る城福・広島との一戦。道をつくる男が、無敗街道をひた走る紫熊の道を塞ぐ。

文:馬場康平(FC東京担当)


明治安田生命J1リーグ 第10節
4月25日(水)19:00KO 味スタ
FC東京 vs サンフレッチェ広島

スタジアムナビ