【名古屋 vs 柏】 ウォーミングアップコラム:質実剛健の仕事人が迎える開花のとき。いま、畑尾大翔が頼もしい。

2018年5月19日(土)


地道な努力が実を結ぶのを見るのは、いつだって嬉しいものである。今季、名古屋に移籍新加入してきた選手のなかで、ひとり出場機会に恵まれてこなかった男が畑尾大翔(写真中央)だった。空中戦の強さはチーム屈指で、「ここに来てから何か“下手キャラ”になってるんですけど、自分の持ち味はキックです」と自虐を口にできるほどのフィードの上手さを併せ持つ実力者だが、風間八宏監督の独特のサッカー観への適応が遅れ、ここまでリーグ2試合、カップ3試合に出場。お世辞にも主力とは言えない状況が続いていた。自分のポジションであるセンターバックでは17歳の菅原由勢が開幕からスタメンを張り、シーズン開幕前にはホーシャが緊急補強されるなど、彼のプライドに訴えかけるものはたくさんあったはずだ。だが、彼はひたすらに矢印を自分に向け、じっとその時を待っていた。「悔しい気持ちがないならプロを辞めた方がいい」。そして彼は這い上がってきたのだ。

堅忍不抜。畑尾は努力の人である。思い出すのは今季初の公式戦ベンチ入りを果たしながら、出場機会を得られなかったルヴァンカップ初戦のことだ。2人の2種登録選手が出場し、成瀬竣平はフル出場までした試合で、畑尾は最後までベンチで戦況を観ているしかなかった。その試合後、取材エリア近くのフリースペースにはひとり補強運動を繰り返す畑尾の姿があった。甲府時代、憧れの山本英臣をはじめ土屋征夫や津田琢磨、石原克哉ら味のあるベテランたちから薫陶を受け、特にこうした時期の考え方は津田や保坂一成らから学んだという。その後も慣れないサイドバックや3バックの左で起用されては途中交代という悔しさを味わい、メンタル的にヘコむ時期もあるにはあったが、それでも常にいつでも試合に出られるようにと補強運動や練習後の走り込みを欠かすことはなかった。

状況が好転したのは5月に入ってからである。チームは泥沼のような連敗記録にさいなまれ、リーグ戦での勝ちなしは12試合にまで膨らみ今も継続中だ。カップ戦でも大敗を繰り返し、広島に今季初の土をつけてはみたものの、最終節を待たずして敗退は決定した。だが5節の浦和戦で起用された畑尾は得意のロングフィードと無駄のない守備の振る舞いで敗戦の中にも手応えを感じさせるプレーを見せ、風間監督の目に留まることに成功。続くリーグ14節長崎戦の帯同メンバーにも入り、着実な前進を始めた。そして16日のルヴァンカップ6節G大阪戦では先制点をマークし内田健太の4得点目を得意の空中戦からアシスト。守備でも安定し、長短のパスの使い分けでも見せ場を何度も作ってみせた。翌日、今節の柏戦へ向けた練習で行われた紅白戦の主力組には背番号2の姿が。彼は自分の力でここまで上ってみせたのである。

いささか前置きが長くなってしまったが、この過程が何より重要だったから仕方ない。そして今、畑尾は表情もクリアに柏戦への気持ちを次のように語る。

「しっかり守備のところはメリハリつけてやりたいです。みんなで声を掛け合って、この前みたいに横とつながって、前とつながって、後ろとつながって。一つになることで、多少苦しい時間帯があったとしても、超えられると思います。それはG大阪戦で証明できたと思うので、メンバーが変わっても、そこはやっていきたいと思いますね。出ている選手のストロングポイントを引き出して、逆にウィークの部分を味方みんなで消し合いながらやれたらいいです。この前は結果が出たといっても、敗退が決まっているカップ戦でのことです。リーグ戦の方でいかに結果を出せるかというのは、個人的にもチームとしてもすごく重要な一戦になるんじゃないかと思います」

ひたむきに自分との闘いを繰り返してきた畑尾にチームメイトの信頼は厚い。この間、電撃的に復帰を果たした新井一耀は「ライバルがいないと僕も切磋琢磨できないし、競争があるチームは強いです。畑尾くんはすごく良かったですよね」と、その存在感を強く意識する。畑尾の活躍はチーム全体にも良い影響を与えることだろう。もっとも、当の本人は淡々として揺るがぬ姿勢を崩そうとはしないのだが。

「別に僕が活躍する必要はないですし、前の選手がたくさん点を取れるようにサポートしたいです」

攻撃のチームだからこそ守備の安定は勝利への近道となる。いま、名古屋にその道を指し示すのは、ジョーやシャビエルではなく、もしかすると畑尾なのかもしれない。

文:今井雄一朗(名古屋担当)


明治安田生命J1リーグ 第15節
5月20日(日)14:00KO 豊田ス
名古屋グランパス vs 柏レイソル

スタジアムナビ