【G大23 vs F東23】 ウォーミングアップコラム:FC琉球戦で待望の今季初ゴールを挙げた髙木彰人の覚醒に期待!

2018年5月25日(金)


待望の今季初ゴールは、明治安田生命J3リーグ第9節のFC琉球戦で生まれた。
「点を決められたのはよかったですけど、結果的に負けてしまったので。ただ少し気持ちが楽になったのは事実だったし、だからこそ、次のホーム戦でも続けてゴールを決めたいです」
その言葉通り「1つ目」の呪縛に解き放たれたのか、髙木彰人(写真)はホームでの第10節・アスルクラロ沼津戦でもチームを勢いづける先制点を決める。練習からサイドバックの選手に対して繰り返し要求していたボールだっただけに、責任を持ってゴールに蹴り込んだ。
「その前に、同じように右からクロスがきたときはハイボールで相手に当たってコーナーになっていので。ゴールを決めたときも、その感覚で『またくるかな』と思って走り込んだら、リク(松田陸)がいいボールを入れてくれた。手前にいた選手に当たったので、打った瞬間は『ヤベッ』って思ったんですけど、結果的に入ってよかったです。普段からオム(山口竜弥)とリクには、キーパーとディフェンダーの間に早いボールを入れて欲しいと要求していて、その通りのボールが来たので『これは決めなあかん!』という気持ちが強かった。入ってよかった」。

今シーズンはキャンプからトップチームと合同でトレーニングを行い、特に序盤戦はレヴィー クルピ監督が積極的に若手を起用していたこともあって「できるだけ早く目に見えた結果を出してトップに絡む」と心に誓いシーズンをスタートした。だが、J3リーグでもゴールを決められない。ポジション的に本来のFWではなく、サイドMFを預かることも多かったせいか試合中のボールロストも多く、先発から外されたこともあった。
「結果が出なければ外されるのは当然のこと。その状況を覆せるのは自分しかいないと自覚していたので『初心に戻るくらいの気持ちでやろう』と思っていました。でもなかなか結果が出ず…もともと、こういう苦しい状況を楽しめる性格ではないだけに、モヤモヤした状況からなかなか抜け出せなかった。ただ、どういう形であれ点を取ったことで少し気持ちが楽になったのは間違いない。ただ、まだ2点しか取れていないし、続けていくことに意味があると思っているからこそ、点が取れ始めている今の状況を切らさないことを意識してやっていきたいと思います」。

今年でプロ3年目。「FWとして何よりも大事なのは目に見えたゴールという結果」だと話す彼が、初ゴールを皮切りにこの先、どんな覚醒を見せるのか。逆襲はここからだ。

文:高村美砂(G大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第8節
5月26日(土)14:00KO 吹田S
ガンバ大阪U−23 vs FC東京U−23

スタジアムナビ