【岐阜 vs 新潟】 ウォーミングアップコラム:チームを支えるCB・田森大己

2018年5月25日(金)


5月に入り、本来の姿を見せつつある岐阜。最終ラインの田森大己(写真)もまた、「ひと試合ごとに自信をつけてきたことが大きい」とチームの躍動感の高まりと好調さを感じている。
岐阜は開幕当初、自らのスタイルの表現に苦労した。その中で、チームを後方から支えてきた最終ラインの選手たち。彼らの頑張りがあったから、現在の良いチーム状況がある。そして田森も、チームを支える選手の一人。CBとして、規律やオートマチックなプレーを集中し全うしながら、献身的に失点を抑えるプレーを心がける。
 
2季目を迎える大木武監督のもと、前線に人数をかけるスタイルは、相手に時として後方の大きなスペースや数的不利な状況を与える。しかし田森は、「厳しい状況は時には(このサッカーをする以上)ある。でも、そこで相手を止めることが出来れば自信にもなる。だから、(厳しい状況を)面白い状況とも感じれる。もちろん、やられてしまったらそこまでという考えも持っている。ただ、たとえ数的不利な状況に陥ったとしても、止めればOK、というつもりでプレーしている」と大木監督のサッカーでしか味わえない、楽しみを感じている。
 
また、「ウチには色々決まりがあるんだよ」と大木監督が話すチームの規律は、初めて岐阜のスタイルを踏襲する選手にとっては難解なケースもある。しかし、岡山から新加入した竹田忠嗣は、「タモさん(田森)とは声を掛け合ったりしなくとも、お互いにプレーを共有し合える」と話す。竹田にも当てはまることだが、味方の動きや癖、次に起こりそうな状況を判断し推測してプレーできる強みは、チームに力を与えている。
 
田森と甲府や京都で師弟関係を築いた大木監督は「アイツは俺が何が嫌いか分かっているんだ」と、田森のプレーを笑顔で語る。今ある状況を楽しみ、そして周囲の人間の考えや行動を理解できるから、チームのCBが務まる。そして、今の岐阜もあるのだ。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第16節
5月26日(土)15:00KO 長良川
FC岐阜 vs アルビレックス新潟

スタジアムナビ