【甲府 vs 大分】 ウォーミングアップコラム:新潟の宝・小塚和季が本当の凄さを見せるのはこれから

2018年5月25日(金)


たぶん…小塚和季(写真)の凄さを甲府のファン・サポーターはまだ見ることができていない。 序盤戦は守備の負担が多いボランチでプレーしていて、「 自分のプレーの幅が広がる」と――少なくとも記者に対しては―― 不平不満を漏らすことなくポジティブにプレーしていた。ボールを奪いに行くアグレッシブさなどで起用に応えるプラスαを示したが、1列前のシャドーでプレーするようになると決定機に関わることが圧倒的に増えた。
 
前線でやりたいようにやらせたときに―― もちろん守備のタスクは果たす――見せるプレーは質が高い。 守備の負担や奪われたときのリスクが小さく、のびのびプレーすると前線に出すボールの感覚や連続した速いボールタッチで相手の守備の間に割って入るようなドリブルで「オッ」と思わせるプレーはこれまでもみせてきたが“希” で、おそらくは窮屈な思いもあったのではないかと推測する。
 
しかし、ここ数節はシャドーでのびのびとプレーし、 高い位置で前を向いてボールを持つことが増えた。 同じシャドーの堀米勇輝の存在も大きく、“新潟の宝” と言われることもあった小塚と“甲府の至宝” と言われる堀米が並んだ時の攻撃の幅やアイディアは今の甲府の大きな武器。小塚は「ホリ(堀米)くんとのコンビネーションは出てきている。そろそろ2人のコンビネーションで点を取りたい」と話す。2人のアイディアでワントップに入る選手を活かすことも増えており、これから熟成していくことは大きな楽しみ。エースFWのジュニオール バホスが負傷離脱しているが、リンスや金園英学とのコンビネーションもよくなっている。J1で は“堅守で貧打” が代名詞のようになっていたが首位の大分相手にどういう攻撃力を見せることができるか楽しみな一戦になる。

文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第16節
5月26日(土)14:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs 大分トリニータ

スタジアムナビ