【水戸 vs 福岡】 ウォーミングアップコラム:田中恵太「不屈のメンタルでゴールを狙い続ける」

2018年5月26日(土)


努力する者にサッカーの神様は微笑む。
第14節岡山戦、13分に田中恵太(写真)が鋭く右足を振り抜き、J2初ゴールを決めた瞬間、その言葉が頭に浮かんだ。

長い道のりだった。
昨季、FC琉球から水戸に加入したものの、J3時代に見せていた相手DF裏に果敢に走り込んでシュートを決めるプレーを見せることができず、出場機会に恵まれない日々が続いた。
夏に期限付きでFC琉球に再び移籍。16試合に出場して7ゴールを決める活躍を見せた。

自信を取り戻して水戸に復帰した今季だったが、厳しい立場は昨季と変わらなかった。チーム始動後の練習試合ではほとんどレギュラー組に入ることができず、さらに控え組でも本職の右MFだけでなく、サイドバックやボランチで起用されることも珍しくなかった。

そこで驚かされたのが、田中は嫌な顔をするどころか、どのポジションで出場しようが、チームの約束事をしっかり守り、貢献しようとする姿勢を見せていたことだ。試合に出られないとどうしてもメンタルが不安定になってしまうもの。得意とするポジションでプレーできない試合が続いたら、なおさらだ。しかし、田中はそんな様子を全く見せず、自らに与えられた役割をしっかりこなすことに専念してプレーしていた。

本職の右MFで出場した際には水を得た魚のように、「ゴールにこだわった」プレーを見せて、実際にコンスタントにゴールを奪ってきた。そうした姿勢を長谷部茂利監督は評価し、第14節岡山戦で先発に抜擢したのだった。そして、ゴールという形で期待に応えてみせた。

さらに第15節熊本戦でもゴールを記録。どんなに厳しい状況でも自らと向き合って取り組み続けてきた成果である。田中は言う。「ゴールを決めて充実しているところはありますが、そこはずっと意識してきたこと。それが継続的に結果に結びつくようにしていきたい」。結果が出ても、調子がよくても、やるべきことは変わらない。自分のやるべきことに集中し、そして、チームのためにプレーするのみ。それが結果につながることを、田中は知っている。どんな状況でもブレることのない、不屈のメンタルが今節福岡を苦しめる。

文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第16節
5月27日(日)14:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs アビスパ福岡

スタジアムナビ