【甲府 vs 浦和】 ウォーミングアップコラム:高野遼、潰れる覚悟で前半からガンガン行く

2018年6月1日(金)


上野展裕監督が就任して2試合目の熊本戦(4-1○)以降は負傷離脱したジュニオール バホス以外はポジションを固定してリーグ戦を戦ってきた。上野監督は固定ではなく、力を発揮できる選手を起用したということだと思うが、この戦い方でリーグ戦は4連勝と結果を出してきた。ルヴァンカップのプレーオフステージ第1戦はリーグ戦のメンバーが出場することになるが、今節は変化がありそう。左WBでグループステージのルヴァンカップにまわっていた高野遼(写真)の先発が濃厚だ。

6-2で勝利した大分戦は71分から途中出場で、ゴールはなかったものの機動力とボール奪取力をアピール。本来のWBではなく、シャドーでの起用だったが「いつも通りにいいプレーをしようと思っていたけど、自分がどれくらいできるのか短い時間で知ることができた。シャドーだったのでチャンスがあればゴールを狙おうと思っていた。相手は疲れていたし、前からガンガン行ってエネルギッシュなところは出せたと思う」と積極性を発揮。

この結果の今節の起用だと思うが、競争は左WBだけでなく他のポジションでも続く。浦和戦については「楽しみな相手。(横浜FM時代の同僚だった)マルティノスとマッチアップするかもしれない。能力が高い選手が多いので、自分がどれだけやれるのか楽しみ」と、チャレンジャー精神で臨む。

「最初から90分間をこなすことを考えるんじゃなく、潰れてもいいから自分のプレーを最初から出したほうがいいと思う」

前半の早い時間帯に点を取ることが増えている上野ヴァンフォーレ。J1浦和のリーグ戦メンバーを相手にどんなプレーを見せるのか、高野遼らチャレンジャーヴァンフォーレの戦いに注目してほしい。

文:松尾潤(甲府担当)


JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第1戦
6月2日(土)15:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs 浦和レッズ
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.2)

移籍情報