【札幌 vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:完全移籍を果たした“タイのメッシ”。タイトル目指し、よりパワフルに突き進む

2018年7月17日(火)


J1リーグ戦再開を翌週に控えた13日、期限付き移籍中だったタイ代表MFチャナティップ(写真)の来シーズンからの完全移籍合意が発表された。
 
同日はチームがオフだったため、翌14日の練習後に取材に応じた“タイのメッシ”は「『嬉しい』しかないです」と笑顔で口にした。昨年7月にチームに加わってから、「Jリーグでプレーするのが夢だった」と発し、常に「Jリーグの試合に出られるのは、いつも嬉しい」と口にしてきたチャナティップ。「いい仲間がいるチームに残ってプレーができるのは嬉しい」と続けた。そして「ムアントン・ユナイテッド(タイ)にも感謝している」と古巣に対しても自らの強い気持ちを言葉にした。
 
昨年夏の加入直後から主軸としてプレーし、今シーズンからペトロヴィッチ監督が新たに就任しても変わらず攻撃の軸として躍動を続けている。期限付き移籍から完全移籍への移行を望むファン、サポーターも多かった、というよりもほぼ全員がそう思っていたのではないだろうか。
 
プレーも見事だが、そのパーソナリティも素晴らしい。試合や練習後の帰宅時には、両手を合わせてお辞儀をする挨拶を欠かさない。練習場でタイの人々と長時間歓談をしており、知人が遊びに訪れたのかと思ったら、「いえ、初めて会った人です。観光客のかたですね」と、タイの国民的スターながら誰とでも気さくに接する人柄は誰からも愛されている。
 
リーグ戦再開を前に完全移籍が合意し、その初戦となるこの川崎F戦を前にチャナティップはこう言った。
 
「このメンバーでタイトルを獲りたい。札幌で優勝を果たしたい」
 
身長158センチと小柄ながらも、決して臆することなくダイナミックにドリブルを仕掛ける「小さな巨人」が、より本腰を入れて札幌をさらなる高みへと導いていく。

文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J1リーグ 第16節
7月18日(水)19:00KO 札幌厚別
北海道コンサドーレ札幌 vs 川崎フロンターレ

スタジアムナビ