【大分 vs 讃岐】 ウォーミングアップコラム:スーパーサブ川西翔太、期待せずにはいられない

2018年9月14日(金)


前節の九州ダービー熊本戦(○3−1)で4試合ぶりの勝利となった大分トリニータは暫定5位に浮上した。豪雨の影響などでチームによって消化試合にばらつきはあるが、リーグ戦は残り10試合となり佳境を迎える。

これまでのリーグ戦で、大分は持ち前の攻撃力を存分に発揮してきた。GKから丁寧にパスをつなぎ、互いにスペースを空けては、そのスペースに流動的に動きながら、相手のほころびを突いていく。チーム全体の規律こそが、このチームの特徴であった。

ただ、リーグ戦終盤となり徹底的に研究され、持ち味を出せずに勝点が伸びない試合も多くなっている。システムを変え、選手を入れ替えることで変化をつけてきたが、これからの戦いは個の力が勝負に直結してくる。川西翔太(写真)は今後の大分のカギを握る選手の一人だと言える。

今季は試合の流れを変えるスーパーサブとしての起用が多く、前節の熊本戦では7試合ぶりに出場したが、その存在感を見せつけた。交代直後に失点したが、ピッチ全体を俯瞰できており、独特なリズムのドリブルを効果的に使いながら、パスもタイミングよく織り交ぜ、主導権を奪い返した。得点、アシストはなかったが抜群のキープ力からワンツーを絡めながら攻撃にスピードを与え、緩急の変化で相手を翻弄し、ボールの奪いどころを絞らせずに試合を組み立てた。

何より彼がボールを触れれば期待感が高まる。これこそがリーグ終盤戦を勝ち抜く要素なのかもしれない。今節はベンチ入りするかどうかも分からないが、彼がピッチに立てば何かが起きる。そう期待せずにはいられない選手だ。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J2リーグ 第33節
9月15日(土)19:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs カマタマーレ讃岐

スタジアムナビ