【長崎 vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:田上大地が感じているⅤ・ファーレン長崎の躍動

2018年9月28日(金)


2連勝中のⅤ・ファーレン長崎が、直近3戦無敗の川崎フロンターレをホームに迎えて第28節を戦う。長崎にとっては、22日の第27節以来、中5日でのホーム2連戦。この5日間は良好の天気となり、オフを挟んで充実した練習時間を確保できた。川崎Fは、台風のため中止となった第18節を26日に風雨激しい平塚で戦い、中2日で長崎での試合となる。

18位の長崎にとっては、是が非でも獲得したい勝点3。その最大の理由は、前代未聞といっていいほど混沌した残留争いの現状だ。勝点27の長崎から11位のジュビロ磐田までの勝点差は6。さらにいえば、18位から勝点9差以内に10チームがひしめく。第28節を含め今季残り7試合(7位北海道コンサドーレ札幌と14位名古屋グランパスは8試合)の中で、どうひっくり返っても何らおかしくない状況だ。

長崎でプロデビューして3年目の田上大地(写真)は、そのことをよく分かっている。

「2連勝していますが、自分たちの順位は変わっていません。でも、近づいています。今は、チームは自力で残ることしか考えていません。そのためにも、先のことを考えずに目の前の試合について全力で戦うことが大切です。そうしたら結果がついてきます。実際、仙台戦もそうでしたしね。川崎戦はもちろん、1試合1試合勝ち切る。最悪引き分けることを考えてやっていきます」

最終ラインからチームを見ていて、この終盤戦になってのチームの変化、進化も感じている。

「これまでは、どこでスイッチが入るのか、全体的にどこでスピードアップするのか、後ろから見ていても前への推進力がなかなかないなと見ていました。でも今は、みんなで守ってからボールを奪っての縦パスがスイッチですね。前に出ていくスピードが、後ろから見ていてもすごく速いです。スピード感はすごく出てきたかなと思います」

川崎F戦。2位のチームとはいえ、勝ち切るための用意はできている。

「連勝して、チームとして戦い方も良かった時の長崎に戻ってきていると思います。でも、川崎は波がなく、常に自分たちのサッカーをしている大変強いチーム。自分たちのよさをしっかり出して、本当にギリギリで勝敗が決まる相手です」

チームの現状も、Jリーグの順位状況も、川崎Fの状況もすべて理解して、最終ラインから対峙する田上。長崎にとって、大一番を迎える。

文:J's GOAL編集部


明治安田生命J1リーグ 第28節
9月29日(土)19:00KO トラスタ
V・ファーレン長崎 vs 川崎フロンターレ
トランスコスモススタジアム長崎(V・ファーレン長崎)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.9)
アクセス (3.0)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.1)

移籍情報