【栃木 vs 甲府】 ウォーミングアップコラム:西谷和希が結果を掴むこと=栃木SCの成長。

2018年10月20日(土)


個人としてチームとして来季に繋がる何かを手にしないといけないときだ。
J1昇格争いに絡むチームとの直近3試合は1分2敗。昇格のために結果重視で戦ってくる相手の勝負強さに跳ね返されてきた。

3試合前、内容で上回りながら最後の最後にヴェルディにセットプレー一発でやられたとき、西谷和希(写真)は「悪いなりに結果を持っていける力がヴェルディにはある。僕らが上にいくにはああいう力を身に着けないと」と唇を噛むように振り返った。

前節の大宮戦も同じだった。大宮は先制すると手堅く守りに入った。一見、栃木が競った試合を展開していたようにも見えた。西谷もドリブル突破からチャンスを作った。71分には相手DFからボールを奪い、大黒将志の決定機に繋げて見せた。

「それでも、結果は0-1。トータルでは守られてしまったという感覚が強いです」

J2上位とのリアルな差。それを肌身で感じているのがまさに今だ。

だが、このまま手をこまねいているわけにはいかない。横山雄次監督がいう。
「オグリ(大黒)が抑えられたときに、じゃあシャドーやボランチが何点をとっているか。ワイドが何本アシストを決めているか。その物足りなさが今の戦績に出ている」

シーズンも大詰め。昇格を目指して血眼で結果を掴みに来る相手に対し、逆に跳ね返すほどの力でゴールを掴み取ることができるか。一皮むけることができるか。指揮官がこの厳しい局面だからこそ成長し、ワンランク上の選手へと期待を込める筆頭は、ほかでもない、西谷和希だろう。

今季は大黒の加入により、これまでドリブルに特化していたスタイルにパスという選択肢が加わり、プレーの幅が広がったことは自身も手応えを感じている。ケガ人やレギュラー争いの熾烈化でスタメンが目まぐるしく入れ替わる中、西谷はスタメンの座を維持し、タフに試合に出続けてきた。その視野の先には大きなビジョンも描いている。

だが、現実に今季決めたゴールは8月4日、27節岐阜戦まで2か月以上も遡らないといけない。ここまで6ゴール。自身が求めるのは10ゴール、10アシストだ。

「ハードワークをしているからOKじゃないよ、結果重視だよ」

要求を強める指揮官の期待に、ここで応えられるかどうか。西谷自身が一皮むけるときだ。

今節の相手は甲府。直近6試合の戦績は4勝2分と右肩上がり、失点はわずかに1と堅守も誇る強敵である。

「甲府は強いと思います。でも、栃木は前回やられた甲府に対して、攻撃も守備も成長したところを見せないといけない」

チームが一皮むけるために。西谷はここまで積み上げた自身の成長を結果に変えることができるか。その機は熟している。

文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J2リーグ 第38節
10月21日(日)14:00KO 栃木グ
栃木SC vs ヴァンフォーレ甲府

スタジアムナビ