【讃岐 vs 栃木】 ウォーミングアップコラム:超えろ佐々木匠、讃岐と自身の未来のために!

2018年11月3日(土)


水曜日の町田戦で得た勝点は1。上位チームとの得失点差が大きい為、限りなくJ2リーグ自動残留が遠のいたカマタマーレ讃岐。だが、昨年21位だったロアッソ熊本が残留した例があるようにJ3リーグ上位2チームの内J2ライセンスを保有していないチームが1チームあればJ2の21位チームの降格は無い。

讃岐は、応援し続けてくれるファン・サポーターのため、香川のサッカー界のため、わずかな可能性を信じ21位を死守しなければいけない。今季ベガルタ仙台から期限付き移籍で讃岐に加入、これまで9アシスト3ゴールと貢献し、町田戦で先制ゴールを決めた二十歳の佐々木匠(写真)に話を聞いた。

Q:今シーズンも残りわずか。カマタマーレ讃岐での1年を振り返って下さい。
佐々木匠「悔しさの残る試合っていうのが多くて。ただ、こうやって1年間通して試合に出続けるっていうのが無かったですし、そういう思いをしながら毎週毎週試合がきて、メンタル的にも、身体的にも整えてしっかりした状態で試合に出るっていうのが、自分の成長に必ず繋がってると思うので。讃岐に来たことは間違いでは無かったと思います。ただそれを証明する為にも残留、残留の可能性は少なくなってしまいましたけど、やるべき事をしっかりやっていければ良いなと思います」

Q:残り試合にかける思いを聞かせて下さい。
佐々木匠「低いとはいっても可能性は0では無いので、その0では無い可能性にかけながら、僕たちは残り3戦3勝して。20位は難しいかもしれないですけど21位を死守する事を目標にやっていきます。残り3戦しっかり準備したいと思います」

二十歳、その響きには限りなき可能性がある。匠、頼んだぞ! カマタマーレ讃岐の勝利を見せてくれ!!

文:大森一<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J2リーグ 第40節
11月4日(日)14:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs 栃木SC

スタジアムナビ