【京都 vs 金沢】 ウォーミングアップコラム:一美和成がもたらす攻撃の変化と競争心

2019年4月13日(土)


前節・栃木戦で5試合ぶりに勝点3を積み上げた京都。その立役者は2ゴールでチームを逆転勝利に導いた一美和成(写真)だ。

今季、G大阪から育成型期限付き移籍で加入。栃木戦で初スタメンを飾ると、小屋松知哉が作った二度のチャンスをしっかりと決めてみせた。

「監督からは前線の起点になるよう言われていました」と話すように、身体能力を生かしたポストプレーは持ち味の一つだ。前でボールが収まればチームメイトが攻め上がりやすく、分厚い攻撃が可能となる。ゲルト・エンゲルスコーチは「これまでゴール付近の中央でのポゼッションが少ないというデータがあった。おそらく栃木戦では(そのエリアを)使えていたと思う」と起用した狙いの一つを話しており、実際にゴール付近に人数をかけて、流動性が生まれる場面がここ数試合と比べて増えていた。小屋松がサイドをえぐり、ニアサイドで金久保順がスルーして、最後は一美が決めた2点目の場面などは、その最たる例ではないだろうか。

栃木戦では一美だけでなく金久保や安藤淳、大野耀平といった、これまで出場機会の少なかった選手たちがピッチに立って勝利をつかんだ。これによりチーム内の競争も活性化するだろう。

一美も「開幕からベンチやメンバー外の試合も多くて悔しさはあった。練習試合でも上手くいかないことがあって…。そういた中で積み重ねてきたものがスタメン、そしてゴールにつながって嬉しい」とのし上がってきた。仲間と刺激しあい、さらに存在感を高めることができるかどうか。まずは金沢戦で連続ゴールを狙う。

文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
4月14日(日)14:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs ツエーゲン金沢
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.6)
アクセス (4.1)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.1)
アウェイお楽しみ (2.6)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報