【福島 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:J初&バースデーゴールなるか?スピードスター雪江悠人

2019年6月8日(土)


今シーズン5人の大卒ルーキーを獲得した福島。それぞれが少しずつ成長を見せているが、ここへ来て成長著しいのが立正大から加入したFW雪江悠人(写真)だ。

前節秋田戦では初の先発出場。「日頃から先発でも出て活躍できるように練習から取り組んでいましたので、それほど緊張せずにうまく入っていけたと思います」と語る通り、リラックスして試合に入った雪江は、相手のDFライン背後のスペースへと抜け出し、何度も決定機をつくった。「思ったよりやれるな、と感じました」と手応えを語ったが、「もっとやれると思うので上を目指していきたいですね」とさらなる向上心も見せた。

開幕からしばらくはベンチスタートが多く、出場時間も短かった。それでも「最初松田監督のようなスタイルを経験して来なかったので、苦戦しました。その中でもスピードや裏への抜け出しを使うことができるようになってきたので、先発で使ってもらえたのかなと思います」と少しずつチーム戦術を理解しながら自分の特長を出せるようになってきた。「監督がどういうことを求めているのか、自分はチームにどうプラスに出せていけるかを考えていました」という成果がようやく実を結びつつある。

秋田戦は決定機こそつくったが、あと一歩でJリーグ初ゴールを生み出すことができなかった。「前節もチャンスがあった中、決めきることができませんでした。毎日そこを意識して練習していかないと、今後も決められませんので、日頃の練習から決めきることを意識しながら継続してやっていきたいと思います」と日々のトレーニングをおろそかにせず、努力を重ねている。

今節相模原戦にJリーグ初ゴールの期待がかかるが、奇しくも試合が行われる6月9日は雪江の誕生日。Jリーグ初&バースデーゴールの期待がかかるが、「バースデーゴールとか言われていますが、それを意識しすぎると他のプレーがおろそかになる可能性もあるので、あまり意識せず自分のやれることをやっていきたいと思います」とあくまで謙虚に、チームプレーを意識する雪江。自身のスピードを生かして決定機をつくり出し、積極果敢にプレーしていけば、Jリーグ初&バースデーゴールも夢ではないだろう。

文:小林健志(福島担当)


明治安田生命J3リーグ 第11節
6月9日(日)13:00KO とうスタ
福島ユナイテッドFC vs SC相模原
とうほう・みんなのスタジアム(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.1)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.7)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報