【名古屋 vs 湘南】 ウォーミングアップコラム:多彩に進化し続ける中谷進之介は、“頼れる男”を目指して今日も走り続ける。

2019年7月6日(土)


中谷進之介(写真)は名古屋でおそらくは最も練習する選手だと思う。全体練習の後には決まって複数の居残りメニューをこなし、常に身体と技術に刺激を入れ続ける姿はまさにミスターストイック。その成長欲と進化を続けるプレーぶりには風間八宏監督も「すごく頼りになる選手になってきた」と賛辞を惜しまない。

対人能力とリーダーシップを武器としてきたセンターバックは、今季になってその行動範囲もストロングポイントとしてきている。4バックの中央を預かる身でありながら、攻撃参加の数は試合ごとに増え、6節鹿島戦ではシャビエルのゴールを呼び込むクロスを上げてアシストをマーク。その後もオーバーラップの頻度は上がり続け、前節神戸戦ではついに移籍後初ゴールを流れの中から決めている。5失点の大敗に「今日はいいです」と喜ぶことはなかったが、「DFの選手がセットプレーでもないのにゴールエリア付近で決めている。あんなの見たことないよね?」と指揮官はまたまた絶賛である。中谷はそれ以外にも縦パスの精度とセンスも磨いており、指揮官の言葉通りの頼れるセンターバックへと日々成長を続けている。

今節ではチームは3バックに挑戦する可能性も浮上してきたが、その統制を司るのはもちろん中谷だ。キャプテン丸山祐市が負傷欠場を続け、出場の可否はまったくもって不明。しかしそれ以前からコーチングについては頻繁だった中谷は「周りを動かすことはやらないと、と思っていましたし、それがいつも以上にやらないといけないことだというのは自分でもわかっていました」とさらに強い自覚をもってこのチャレンジに取り組んでいる。木曜日から始まった3バックへのトライは継続したとして3日間の練習期間しかない。だが中谷の感触は「まだまだやれる」と悪くないようだ。最近ではバイタルエリアに入ってくるボールにプレッシャーをかけつつ、最終ラインに穴を空けないハイレベルな動きも見せ始め、攻守において選択肢の多さを誇示するようにもなった。彼ならばこの新たなトライも形にしてくれる、そう期待を寄せたくなる充実度が名古屋の背番号20には漂っている。

もっとも、本人はまったく満足もなければ納得もしていない。神戸戦の5失点だけでなく、未勝利が続くここ6試合のリーグ戦では失点も毎試合のようにしてきた。「ゼロに抑えられていないので」と表情を変えず語る中谷は、とある失点を引き合いに次なる成長を誓うのだ。

「清水戦でドウグラス選手に触られたゴールも、やっぱり良いセンターバックならちょっとでも触ってクロスの方向を変えられると思うんです。あそこはラインを合わせながらという部分で準備をするのは難しい場面でしたけど、ああいうところで違いを見せられるセンターバックになりたいと思います」

後半戦に突入する18節、名古屋の面々は強い気持ちで7試合ぶりの勝利を狙う。その最後尾で攻守両面に目を光らせる、貪欲なディフェンダーにぜひ注目しておいてほしい。

文:今井雄一朗(名古屋担当)


明治安田生命J1リーグ 第18節
7月7日(日)18:00KO パロ瑞穂
名古屋グランパス vs 湘南ベルマーレ
パロマ瑞穂スタジアム(名古屋グランパス)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.6)
アクセス (4.6)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.4)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報