【徳島 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:攻撃の起点。進化する内田裕斗。

2019年7月6日(土)


6月の成績は4勝1分。単月順位を1位で乗り切り、勝点を積み上げた徳島。先日行われた天皇杯2回戦も勝利し、公式戦5連勝で好調を維持。そして、7月最初のリーグ戦となる今節・千葉戦へ向かう。

試合毎にヒーローが誕生するドラマティックな展開が続いているが、その試合の多くで攻撃の起点となったのがDFラインの内田裕斗(写真)だった。もともと足元の技術があり、ドリブルの仕掛けも武器。パスをさばくのも苦手ではない。

また、同サイドの杉本竜士を追い越す動きもあれば、自らは攻め上がらずに距離を保って杉本に1対1の状況を生む役割もある。その他にもビルドアップ時は中央にしぼりながら攻撃の組み立てに参加するとともに、自分のマークを引きつけながらCBから杉本へ1本で通るパスコースを作り、要所ではインナーラップでゴール前に顔を出して得点に直結させる役割も担っている。とにかくタスクの多いポジションであり、SBはリカルド ロドリゲス監督の戦術を形にする上で重要なポジションである。

ただ、内田も初めからすべてを上手くこなせていたわけではない。「以前であればチームのためのプレーであれば、チームのためのプレーだけになり自分らしさがなくなっていた。逆に、自分らしさを求めると自分ばかりになってチームのためのプレーが薄れていた」。この2つを同時に上手く表現できず、難しい顔をしている日もあった。だが、「最近の試合ではいままでになかった選択肢や余裕が出てきている。ゴールやアシストをもっとしたいと思いながらも、同時にチームに求められているプレーもできる幅ができた」。

成長する努力を選んだ先で「第11節・京都戦(0△0)を機に自由にやらせてもらっている」と監督の信頼もつかむ。「その自由にやるチャンスをくれたということは、毎日の練習の積み重ねだと思う。試合に出られていなかった頃は無駄じゃなかったし、これからもそう思いたい」。

そして、おそらく7月は内田にとってもう1つ成長する壁とぶつかる頃合いだろう。これだけわかりやすく存在感を示していれば、相手はケアする対象として長所を消してくる。ただ、「俺の所をケアするような展開になれば、絶対に違うところが空く。それはそれであり」。

その上で「マークにつかれても、ドリブルでかわす」。対戦を楽しむように不敵な笑みを浮かべる。サッカー小僧の芯は変わらない。

文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第21節
7月7日(日)18:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs ジェフユナイテッド千葉
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報