【大分 vs 札幌】違いを示す男・小塚和季 ポジションを代え、変調を生み出す

2019年7月12日(金)


前節の横浜FM戦(●0-1)で力負けした大分だが、選手交代、システム変更のたびにポジションを代え、与えられた持ち場でアクセントをつけたのが小塚和季(写真)だ。今季、甲府から加入したチャンスメーカーは、開幕戦から先発に定着し、最近は“違いを示す男”として、想像力に満ちたプレーを魅せる。

2シャドーから3ボランチ、ダブルボランチ、「ポジションが代わっても自分のプレーは変わらない。ポジションによってはボールに触る回数が増えるので面白い」と小塚。自分の役割は得点に絡むことと心得ている。ボール保持を強く意識しながら、常に頭の中には「どこに隙間があるか、どこから攻撃を仕掛けるか」という考えがある。 

今節対戦する札幌は、横浜FM同様に攻撃的で前線から圧力をかけてくるチーム。横浜FM戦で出た課題を試す絶好の相手と言える。小塚は「個人でマークを剥がし、ボールを握れるかがポイント」と語る。

リスクを冒さずボールを回すだけでは、単純なボールキープになってしまう。安易な横パスでボールを回していると、相手は狙いどころを絞りやすくなり、インターセプトされて逆襲を喰らう。中盤ではやはり、常に決定的なパスを狙える人材が必要。パスを前に入れるのは、チームにとって攻撃のシグナルになる。中盤にはそうした合図になるパスを出せる選手がいなければならない。その役割を担うのが小塚だ。

大分に加わり半年。「意表をつくパス、リズムを変えられるようなプレーをしたい。味方との関係性も良くなりやりやすくなった」。周囲と連携が深まるとともの、ラストパスの球種、崩しの形がどんどん多彩になっている。意図的にリズムに「変調」をもたらす小塚の存在感をもっと示すときがきた。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J1リーグ 第19節
7月13日(土)19:00KO 昭和電ド
大分トリニータ vs 北海道コンサドーレ札幌
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報