【秋田 vs 沼津】充実の中断期間を経た千田海人「はやく試合がしたい」

2019年8月29日(木)


前節のホーム富山戦。後半アディショナルタイムに入って1-0でリードしていた秋田は、残り1分20秒で追い付かれ引き分けた。千田海人(写真)は自問自答しながら、次のように振り返る。

「残り1分20秒。正直、守り切れたなと思います。というのも、もっと貪欲に、守り切りに、全員でいってもよかったんじゃないか。CBやGKが声がけをして全員の意思統一をやっていけば乗り切ることができたんじゃないか」

「2人選手交代して、まだ点を取りに行くという感じだったんですよ。それが終盤の後半アディショナルタイムになって、全員が『ここで絶対に守り切る』と思えていたのか。全員の考えはわかりませんが、そこはもっとできたところだと思います」

全員の意思統一を図る。この課題に対して、チームは中断期間に実施した短期キャンプで改善に取り組んだ。間瀬秀一監督がキャプテンの小谷光毅に働きかけ、選手だけのミーティングを行った。約90分のミーティングでは、それぞれの選手が思っていることや、改善策を出した。

「めちゃくちゃ良い時間でしたね」と千田。前述の富山戦の終盤について感じたことも伝えたという。「試合のことも、気持ちのことも全部ひっくるめて、その場じゃなきゃ言えない、聞けないことがありました。2~3人でコミュニケーションを取っていても、結局全員には共有されない。全員がいる場だからこそ、1つのことを共有できる。結果的にキャンプ中で色々整理できたと思います」

間瀬監督は「より得点が取れる方向性で練習をした」と中断期間の強化ポイントを話している。いまの秋田は最終ラインのビルドアップがひとつの鍵であり、CBが攻守で担うタスクは重要だ。

富山戦の先制点は、CBからのパスがゴールに直結した。ドリブルで持ち込んだ相手を山田が抑え、千田がそのセカンドボールをダイレクトで前線に送る。藤沼拓夢に通ったその縦パスがスイッチとなり、カウンターを発動。藤沼から北原大奨、前山恭平とつないで、前山のクロスを北原が押し込んだ。

「ボールを奪った後、相手全員を置き去りにするような縦パスを狙っています」と千田。第18節の岩手戦の前半終了間際にも、千田の縦パスを藤沼がスルーし、そのプレーに反応し抜け出した前山が、GKと1対1になるビッグチャンスを迎えている。

千田はこうしたプレーについて、前線の選手たちを讃える。「最近はみんなの立ち位置が良く、ボールを奪った後もしっかり準備してくれている。それがあるので縦パスが狙いやすい。僕のイメージよりももっと良いプレーが出たりするし、中断期間でも積み重ねができたと思います」

明確な狙いをもって取り組んだ中断期間で、千田は「チームとしてレベルアップできた」と手ごたえを掴んだ。そして「それを試合で早く試したい」と力を込めて、8月30日19時のキックオフを待ち望む。

文:竹内松裕(秋田担当)


明治安田生命J3リーグ 第21節
8月30日(金)19:00KO ソユスタ
ブラウブリッツ秋田 vs アスルクラロ沼津
ソユースタジアム(ブラウブリッツ秋田)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.3)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.3)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (3.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報