【柏 vs 山形】瀬川祐輔が切り開く新境地

2019年9月6日(金)


いったい誰がこの采配を予想しただろうか。
前節の新潟戦、1点ビハインドで迎えた後半のスタートから、ネルシーニョ監督はマテウス サヴィオを投入した。この起用の意図はわかる。テンポが上がらなかった前半の内容を受けて、スピードとテクニックを兼備し、決定的なパスを出せるサヴィオを入れることで攻撃の活性化を図った交代だ。
驚いたのはこのサヴィオ投入に伴い、それまで左サイドハーフを務めていた瀬川祐輔(写真)を右サイドバックへコンバートした采配である。

「サヴィオを投入することを考えていたが、瀬川をゲームから外すことはちょっと考えにくい展開だった。瀬川に関しては、これまでサイドハーフとして、攻撃もそうだが守備に関しても非常に高いクオリティーで非常に重要なパートを担っていた。彼の特徴をこれまでも見てきた中で、サイドバックをやれる資質は持っていると思っていた」
これが、ネルシーニョ監督が瀬川をサイドバックで起用した理由だった。

瀬川は本来FWの選手だ。鋭い背後への抜け出しとシュートテクニックの高さを駆使し、昨季はJ1で9得点という結果を残している。今季はオルンガ、江坂任、クリスティアーノというアタッカーが揃う中で、ネルシーニョ監督によって主に左サイドハーフとして起用され、上記した監督の言葉どおり中盤でも高いクオリティーを発揮してきた。
岡山戦、琉球戦では、クリスティアーノのロングスローからニアサイドのオルンガに相手のマークが引き付けられたと見るや、大外からゴール前に入って抜け目なく得点を奪うストライカーらしいセンスと嗅覚を見せた。一方で中盤ではビルドアップにテンポを生み出し、岡山戦、長崎戦では絶妙のスルーパスからサヴィオの得点をお膳立てしている。今季はサイドハーフというポジションで新境地を切り開き、確実にプレーの幅を広げていた。

瀬川はスピード、アジリティーといった身体的な強みに加え、献身性も高く、なおかつ非常にクレバーな一面を持つ。日頃のトレーニングでは、他のポジションの選手に対する監督の指示を「我関せず」という無関心な姿勢でいるのではなく、監督が他のポジションの選手に何を求めているのかを聞き、チーム全体がどういう狙いを持って戦うのか、それを把握しようと努める意識があったからこそ、突如起用されたサイドバックのポジションでも想像を超えるプレーを見せたのだ。

「相手が後ろ向きだったらアタックする、あとは監督は予測するのを求めるので、サイドチェンジのボールやサイドバックが上がってきたときの、クリス(クリスティアーノ)が横パスで切られたときに視野外から出ていくとか。そこは自分の判断なので、いつも試合前に監督が言っていたり、振り返りのビデオを見ているときに言っているような場面になったら、瞬時に監督が言っていたことを思い出して、『ここは(アプローチに)行くんだな』と、その時は思ってプレーをしていました」(瀬川)

瀬川のサイドバック起用は、あくまで緊急事態用のオプションのひとつではある。ただ、柏がこうした幅のある戦い方をする、その要因は明らかに瀬川の多彩な能力があってこそだ。

文:鈴木潤(柏担当)


明治安田生命J2リーグ 第31節
9月7日(土)19:00KO 三協F柏
柏レイソル vs モンテディオ山形
三協フロンテア柏スタジアム(柏レイソル)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.6)
イベント充実 (3.0)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報