【沼津 vs 八戸】スタメンを手中に収めつつある坂本修佑。この夏場を乗り越え好調の要因は?

2019年9月7日(土)


J3開幕戦から4試合連続で途中出場し、J3第5節藤枝との静岡ダービーで初先発に抜擢されたが、それ以降メンバー外も続いたようにシーズン序盤は、苦しい時期を過ごしていた坂本修佑(写真)。ただここ数試合の活躍ぶりは、ようやくFWの主軸となり得るだけの存在感を示している。

ターニングポイントになったのは、J3第15節鳥取戦。途中出場からピッチに入ると試合終盤に今季初得点をマーク。与えられたチャンスを得点という形でモノにした。その試合がキッカケとなり、それ以降6試合スタメンとレギュラーの座を勝ち取っている。

前節も、今季3得点目となる決勝点をマークし、チームの勝利に大きく貢献した。右サイドからのクロスに対して、マークを外して決めたヘティング弾は、「クロスの入り方は言われていた。そこがしっかりと出せた得点だった」と練習での成果が実を結んだ得点にもなった。その”らしさ”溢れる得点シーンを「あの得点がキッカケにクロスからもっと見てもらえるように、良い動き出しを練習から準備したい」と更なる活躍を誓う坂本の今後の期待感も高まっている。

出場機会が増える中でコンディションも上向きだ。「この夏に試合に出させてもらえていたので、コンディションもすごく上がってきている」と本人も調子の良さを感じている。例年以上に酷暑の夏場に向けても入念なコンディション作りは心がけてきていた。沼津の練習に訪れると、自主練終了後に岡佳樹や川森有真らと共に心拍数を上げ過ぎない程度の強度でランニングする姿が見受けられる。「少しでも走れるように。持久力の強化も含めてこの夏場で走れるようにやっている」とその意図について以前に本人が話していたが、その入念な準備がここ数試合の活躍ぶりにも繋がっている。

今季初となる連勝を達成した沼津の上位を目指した巻き返しは、ここから始まる。八戸と対戦する今節からホームで2連戦となるが、ここでさらに勝点を伸ばしたい。そのためにも坂本も含めたFW陣の活躍が欠かせないポイントとなるが、「今季初の3連勝を目指す。チームに勢いを与えられるように前線からアグレッシブに動いてチームの勝利に貢献したい」と意気込む坂本。2試合連続の得点にも期待がかかる中で、彼の活躍ぶりには要注目だ。

文:森亮太(沼津担当)


明治安田生命J3リーグ 第22節
9月8日(日)15:00KO 愛鷹
アスルクラロ沼津 vs ヴァンラーレ八戸
愛鷹広域公園多目的競技場(アスルクラロ沼津)
みんなの総合評価 (3.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報