【長野 vs 秋田】ホームゲームに燃える小澤章人の好守が、秋田戦でも冴える!

2019年10月5日(土)


先制したものの2失点して逆転負けとなった、第22節の福島戦。2ゴールともに簡単な形ではなく、福島FW武颯を称えるべきだったが、試合後のGK小澤章人(写真)は悔しさで唇を噛みしめていた。「自分は直接、失点に絡むポジション。どういうシュートであっても止めないといけないのが自分の仕事。それができなかったことはチームに申し訳なく思う」。

そこからチームは、2試合連続で無失点。もちろんチーム全員で成し遂げたクリーンシートではあるが、福島戦での悔しさをバネにした小澤の活躍も大きい。前節のC大阪U-23戦でも直接FKを好セーブで防ぐなどゴール前での存在感が光った。
「GKとしては、どんな試合であっても無失点で終えることが一番大事なところ。残りの10試合で、どこまで無失点の試合を増やせるかを目標にやっていきたいと思っています」と意気込む小澤にとって、今節の秋田戦は力の試されるゲームになりそうだ。

2017年に所属した古巣でもあり、直近3試合で11ゴールを叩き出すなど攻撃面が絶好調の秋田。前線には運動量が多く、フィジカルの強さに優れる選手が多いとした上で、「そういった選手たちが特徴を出せてしまうと、大量失点に繋がってしまう。まずそこを抑えることを意識して、DF陣と連携していきたいです」と健闘を誓う。攻撃が好調のチームを無失点で抑えることができれば、終盤戦を前に確固たる自信が得られるだろう。
「古巣だからといって意識することはないですが、負けたくない、勝ちたい相手ではあります。今季はホームでの勝利が少ないので、残りのホーム5試合すべて勝てるよう、しっかり貢献したいですね」。

文:吉田義生(長野担当)


明治安田生命J3リーグ 第25節
10月6日(日)13:00KO 長野U
AC長野パルセイロ vs ブラウブリッツ秋田
長野Uスタジアム(AC長野パルセイロ)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.6)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.6)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集