【甲府 vs 栃木】宮崎純真がプロデビュー戦で悔しい思いをした栃木相手に、プロ初先発でリベンジなるか

2019年10月12日(土)


ここまで9試合(147分)に途中出場して1ゴールの宮崎純真(写真)がリーグ戦初先発の可能性が高い栃木戦。5月12日の第13節のアウェイ栃木戦(0-1●)が高卒ルーキー・宮崎のプロデビュー戦だったので縁を感じるが、栃木戦の6分間の記憶は今でも鮮明に残っているという宮崎。シュート数が16対4と内容では圧倒的だったのにも関わらずに、大黒将志の一発に沈んだ甲府。ベテランストライカーの凄みをみせられた若手ストライカーの宮崎でもあった。

「プロの試合を経験して積み重ねて自信がついてきた。トレーニングでも積極的になれていると思う。デビュー戦の頃とはだいぶ違うと思う」(宮崎)

前節の金沢戦(3-2○)の勝利でプレーオフ圏内の6位に順位を上げた甲府が狙うのは2位自動昇格。2位の大宮とは6ポイント差なので勝ち続けるしかない難しい差ではあるが、可能性がないとは言えない。伊藤彰監督は「我々はここまではメンバーを変えないで”落ち着いてやろう”とすることが多かったが、栃木戦はアグレッシブさが必要になる」と宮崎起用の理由を明かしており、リーグ戦初先発の宮崎のパフォーマンスは注目される。

「先発起用されるなら緊張感は出ると思いますが、1回いいプレーができると乗るタイプなんで、ファーストプレーを意識して試合に入りたい」と話す宮崎。プロで経験を重ねて、自身の活かし方も活かされ方も理解してきている。人を活かすプレーはまだまだこれからだと思うが、今は宮崎のスピードに乗ったドリブルと、局面打開からのシュートやクロスで決定機を創り、ゴールに絡むことで十分な貢献になる。

山梨学院高校でインターハイチャンピオンになった宮崎がプロ1年目で掴むリーグ戦初先発のチャンス。それが実現した時には、宮崎のパフォーマンスに注目したい。

文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第36節
10月13日(日)16:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs 栃木SC
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報