【札幌 vs 名古屋】ルヴァンカップファイナルで見せたその左足。新たなトーナメントとも言えるラスト5戦でも、その武器を発揮し続けてみせる

2019年11月1日(金)


残念ながら準優勝に終わってしまった2019JリーグYBCルヴァンカップ。しかし、チームとして初めて進出した決勝の舞台で札幌は粘り強い戦いを披露。川崎Fをあと一歩のところまで追い詰める善戦をしてみせた。「善戦しただけでは意味がない」という向きもあるかもしれないが、そんなことはない。決勝の舞台で得たものは必ずあるわけで、それを今後の戦いに生かすことができれば十分に意味のある準優勝だと言える。
 
そのなかでも個人として見事に武器を披露していたのが福森晃斗だ。後半アディショナルタイムのラストプレーで生まれた深井一希の劇的同点弾を引き出したのは福森のCKだったし、2-2のスコアで突入した延長戦の99分には、見事な直接FWでシュートを叩き込んだ。もちろん、どちらも武器の左足からのものである。
 
とりわけ後者は圧巻だった。FKを蹴る直前にVARによる中断があったものの、「蹴るまでに時間があったが、集中できていた」と振り返る。「試合前のアップからキックの調子が良かった。信じて蹴るだけだった」というキックは大観衆の視線を独り占めする強烈で鋭いものだった。
 
相手の川崎Fは古巣。それもプロとしてのキャリアを始めたクラブだ。練習場も、通っていた高校からほど近い。そうした相手との大一番の前には、「川崎を悔しがらせる意味での“恩返し”がしたい」と口にしており、最終的には敗れはしたものの、その成長をしっかり見せつけたはずである。
 
「あと一歩。それが足りなかった」と準優勝を振り返る。ならば、再開するこのリーグ戦では、その「一歩」を積み上げたい。今シーズンはACL出場を目標にしており、現在の勝点と出場圏内との勝点差を考えると、残り試合の全勝が最低限、求められるかもしれない。それはつまり、ここから次のトーナメントが始まると捉えることもできる。
 
大舞台で悔しい思いは味わった。その悔しさを糧にするためにも、背番号5はこの名古屋戦から再び、その左足を武器に「一歩」を身に着けるための旅を始める。


文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J1リーグ 第30節
11月2日(土)14:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs 名古屋グランパス
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.9)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報