【相模原 vs YS横浜】帰ってきたNo.38。千明聖典、いざJ250試合目へ

2019年11月9日(土)


前節・G大阪U-23戦は足首の状態から出場回避となった千明聖典。249試合と積み重ねてきた数字は小休止を経て今節、 1つの大きな節目を迎えそうだ。

「(Jリーグ通算250試合出場については)言われるまで気付いていなかったんです(笑)。本当にいろんな人に恵まれたなと思いますね。自分の善し悪しだけじゃなくて、監督やスタッフ、選手に恵まれた中での250試合なので、また1試合1試合大事に戦っていきたいです」

昨季まではチームの心臓として君臨しながらも、今季はレギュラーとしての立ち位置を失い、もがき苦しんだ。転機が訪れたのは10月に入ってから。5連敗という苦境の中、三浦文丈監督が約5ヶ月ぶりの先発起用を固めたのは試合前日のことだった。「気持ちは入っていたし、まずは今までになかった勢いや守備の迫力という部分は変えられると思っていた」。その言葉通り、自身のファーストプレーから相手との激しい接触を見せるなど、そんな汚れ仕事を厭わなかった。そしてチームも3-0の勝利。”千明ここにあり“を示した38番はその後、ピッチの中心に立ち続け、10月を無敗で駆け抜ける原動力となった。

そして今節はYS横浜との神奈川県対決。「YS横浜との試合はことごとく出ていないというか、記憶に残っている試合もあまりない」と笑った後、力強くこう続ける。

「特別感と言っている余裕もないですし、自分たちはまず目の前の試合に勝たないといけない」

250試合目も、あくまで”目の前の1試合”に過ぎない。「まずは戦うという気迫を出す」。千明が見据えるのは相模原の勝利。ただそれだけだ。

文:林口翼(相模原担当)


明治安田生命J3リーグ 第30節
11月10日(日)13:00KO ギオンス
SC相模原 vs Y.S.C.C.横浜
相模原ギオンスタジアム(SC相模原)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.0)
アクセス (3.5)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報