【明治安田J1 第32節】横浜FMがリーグ戦5連勝、残り2試合で首位に浮上!神戸とG大阪は勝利を収めJ1残留を確定 

2019年11月23日(土)

神戸 1-0 C大阪|ノエビアスタジアム神戸


神戸は76分に古橋亨梧(写真)が今季リーグ戦10点目となる強烈な一撃を突き刺して鮮やかに先制。関西のライバルに競り勝ち、J1残留を決定しました。C大阪は4試合ぶりの黒星となりました。

札幌 1-2 磐田|札幌ドーム


26分にアダイウトンの強烈な一撃で18位の磐田が先制。88分に同点に追い付かれるも、90+7分に荒木大吾(写真)が自ら得たPKによるJリーグ初得点で勝ち越しに成功し、劇的勝利で残留に望みをつなぎました。

FC東京 1-1 湘南|味の素スタジアム


16位の湘南が36分松田天馬の先制点でリードするも、首位のFC東京は90+4分に森重真人(写真右)が起死回生の同点ミドルをねじ込んでドロー!FC東京は2位に後退となり、湘南は連敗を6で止めました。

松本 0-1 横浜FM|サンプロ アルウィン


4連勝中の2位・横浜FMは、2分に仲川輝人(#23)が2試合連続得点となる電光石火の先制点を奪取。この得点で競り勝って5連勝で今季初の首位に立ちました。17位の松本は痛恨の連敗となりました。

清水 1-1 大分|IAIスタジアム日本平


前半終了間際に大分トリニータが田中達也の得点で先制し、試合は折り返しへ。後半に入り、お互い得点を奪えず迎えた88分、清水エスパルスがFKの流れから、最後は途中出場のジュニオール ドゥトラが同点弾を決める!試合はこのまま終了し、大分は惜しくも連勝とはならず。清水にとっては残留に向け貴重な勝点1となりました。

名古屋 0-0 鳥栖|豊田スタジアム


前節、新体制初勝利をあげた名古屋グランパスと、松本との大一番を制したサガン鳥栖の残留を争うクラブ同士の一戦は、両クラブ合計14本のシュートを放つも得点は奪えず。0-0の痛み分けとなりました。

広島 0-0 鹿島|エディオンスタジアム広島


ホーム3試合連続負けなしのサンフレッチェ広島と優勝争い生き残りへ、勝利しかない鹿島アントラーズの一戦は、お互いチャンスを創出するも得点には結び付かずスコアレスドロー。優勝を目指す鹿島にとっては、痛い痛いドローとなりました。

G大阪 2-0 仙台|パナソニック スタジアム 吹田


均衡を破ったのはガンバ大阪!69分、右サイドでボールを奪った宇佐美貴史(写真)がゴール前まで駆け上がると、冷静かつ強烈にニアサイドを打ち抜き3試合連続弾!77分には宇佐美のパスを受けたアデミウソンが華麗なループシュートを決め追加点。宇佐美1G1Aの活躍で2試合ぶりの勝利をあげたG大阪がJ1残留を確定させました。




本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまの投稿をお待ちしております!

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集