【浦和 vs 仙台】「アンタッチャブルな存在に」山中亮輔が誓う再起への強い思い

2020年2月15日(土)


今シーズンこそ、やってやる。沖縄で過ごしたキャンプで手応えもつかんだ。「個人的にも充実したキャンプになったので、早く開幕が来ないかと楽しみ」。山中亮輔は今すぐにでもピッチに立ちたいとウズウズしている。

今オフ、浦和は大槻毅監督の下で新たな取り組みに着手した。それは慣れ親しんだ3バックから4バックへの変更。これは山中にとっては追い風となるチャレンジで「ずっと4枚でやってきた選手だと思うし、やっと本職のポジションでできる」と歓迎する。

山中は前所属の横浜FMにおいて、特異な役割を担う左サイドバックとして一躍その名を知らしめた。いわゆる“偽サイドバック”である。ボールポゼッション時には敵、味方のポジショニングを見極めながら、時には内側に入ってボランチのポジションを取るなど立ち位置の優位性を生かしてゲームを進めていく。

それは同時にネガティブトランジション時のリスク管理にもつながっていて、その役目を担う選手には高い戦術眼と状況判断力、そしてもちろん足元の高い技術が要求されるが、それこそが山中のストロングポイントだった。

昨シーズンは個での突破力や、体力を含めたフィジカルの強さがより求められるウィングバックのポジションで悪戦苦闘し、忸怩たる思いでいっぱいの移籍1年目となった。しかし、大槻監督がキャンプを通して仕込んだ4バック、新たな戦術には山中が横浜FMで見せていた動きを生かせる部分が少なくない。

「自信はあります」

大槻監督は沖縄キャンプ最終日のトレーニングマッチでもメンバーを固定せず、直前まで選手の競争心を煽ると同時に最適の組み合わせを模索したが、その中で山中は左サイドバックのスタメン候補として力を示していた。複雑な状況判断が求められるやり方に試行錯誤の選手もいる一方で、山中は指揮官から求められるタスクをこなしつつ持ち味も随所に披露した。

今年は逆境からの再出発を誓うチームとともに、己の再起をかける1年になる。高いポテンシャルを存分に生かし、復活劇の旗振り役へ。「アンタッチャブルな存在になっていきたい」。シーズン開幕戦となる仙台戦をその足がかりにしてみせる。

文:神谷正明(浦和担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第1節
2月16日(日)14:00KO 埼玉
浦和レッズ vs ベガルタ仙台
埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報