【岩手 vs 藤枝】チーム初ゴールを記録した岸田和人。L字を表現したゴールパフォーマンスの真相とは?

2020年7月14日(火)


前節の福島戦を1-1で終え、連敗を止めた岩手。開幕戦、第2節と、ゴールのない試合が続き、サポーターをやきもきさせたが、カウンターから岸田和人が右足で流し込んだチーム初得点が勝点1を呼び込んだ。

ゴール後、岸田は親指と人差し指で「L字」をつくるゴールパフォーマンスをみせたが、これにはどんな意味、思いが込められていたのだろうか。
「あれは1歳の息子の真似です。『何歳?』って聞くと、指を添えて『1しゃい』って答えるんですけど、人差し指だけじゃなくて、なぜか親指も立っちゃってて。何度聞いてもL字になっちゃうんですよ。それがもうかわいすぎて(笑)」
サポーターの間ではおなじみであろう、岸田の家族愛。頻繁にビデオ通話で話すという愛息へのオマージュがあのパフォーマンスの真相だったようだ。

試合ではゴール以外にも気迫のこもったプレーでチームをけん引した。ファウルが多くなり、イエローカードも出されたが、アドレナリン全開で戦いきるのが岸田の真骨頂だ。
「開幕から2試合を振り返って、周りに要求することより、まずは自分が率先して球際とか走ることをみせることが大事だと感じました。自分も含めて、人に言う前に自分が動く選手が増えればチームはいい方向に変わっていくと思いますし、結果にも影響してくると思います」

今節はホーム2戦目、そして今季初めてホームのサポーターがスタジアムに足を運ぶゲームとなる。福島戦ではカメラ位置がわからなくてどちらを向いてゴールパフォーマンスをしていいか迷ったと笑う背番号9。取材の終わり際、DAZNのカメラ位置を入念に確認していた岸田はチーム初勝利のため、そして今度こそ完璧なゴールパフォーマンスを家族にみせるため、2戦連続ゴールを胸に誓う。


文:高橋拓磨<cross Line>(岩手担当)


明治安田生命J3リーグ 第4節
7月15日(水)15:00KO 北上
いわてグルージャ盛岡 vs 藤枝MYFC
北上総合運動公園北上陸上競技場(いわてグルージャ盛岡)
みんなの総合評価 (2.0)
臨場感 (2.0)
アクセス (1.0)
イベント充実 (1.0)
グルメ (1.0)
アウェイお楽しみ (2.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報