【岩手 vs 富山】岩手のボールハンター・石井圭太「自分のところに来たらすべて潰す」

2020年7月18日(土)


4戦未勝利で苦しい戦いが続く岩手。スタメンが毎試合変わる中、フィールドプレーヤーでは唯一フルタイム出場しているのがボランチの石井圭太だ。石井は課題について「自分たちでボールを落ち着かせられる時間が少ない」と言及する。ここまでの試合ではロングボール一辺倒となり、攻守に後手を踏む展開に終始。その流れを変えるため、ボランチには受けてさばいてリズムをつくる役割、そしてセカンドボールを積極的に回収する役割が求められるが、物足りなさが残るパフォーマンスであることは自身も感じている。改善のためには個人の意識や能力もあるが、それ以上にチームとしてのフレームを整えることも重要になる。例えばボランチがボールを受けにいっても、DFがロングボールを蹴ってしまえば前線との距離が長くなりサポートやセカンドボール回収が遅れる。監督からの指示、あるいは選手同士がコミュニケーションをとって、ポジショニングや長短の判断などをすり合わせなければ効果的な仕事は難しい。状況判断の共有が進めばチーム状態も上向きになるはずだ。

どうやって前進するのか。どうやってFWにボールを入れるのか。石井はその部分についてもここ3試合でコンビを組む後藤京介やDFと積極的にコミュニケーションをとっている。
「そういう部分の迷いはクリアになってきたし、足元の技術がある選手が多いので、特長を出せるようなプレーを個人、チームとしてやっていきたい。ボールや相手が自分のところにきたときは全部ここで潰すくらいの気持ちでプレーします」

そう意気込む石井は前節の藤枝戦で特長を発揮し、高い位置取りから強度の高いプレスでビルドアップを阻害した。今節の相手はポゼッション率の高い富山。岩手のボールハンターが獰猛に狩りに行く姿に注目だ。


文:高橋拓磨<cross Line>(岩手担当)


明治安田生命J3リーグ 第5節
7月19日(日)15:00KO 北上
いわてグルージャ盛岡 vs カターレ富山
北上総合運動公園北上陸上競技場(いわてグルージャ盛岡)
みんなの総合評価 (2.0)
臨場感 (2.0)
アクセス (1.0)
イベント充実 (1.0)
グルメ (1.0)
アウェイお楽しみ (2.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報