【秋田 vs 長野】秋田の粘り強い守備を体現する山田尚幸「攻撃参加の場面をもっと作りたい」

2020年7月18日(土)


2020年1月下旬の大館キャンプ。吉田謙監督にボランチに求める役割を聞くと、「ボールを奪う。そしてゴールへ攻める」と明言した。これは吉田監督のサッカーの根幹である「良い守備から良い攻撃」に言い換えられる。そしてこの攻守の役割を遂行しているのが、5年連続でキャプテンを務める山田尚幸だ。

今季の秋田は[4-4-2]のフォーメーションを採用。山田は前節までの4試合で江口直生とダブルボランチを組み、中盤のフィルターとなって無失点での4連勝に貢献している。

まずは守備の場面。接触を恐れず踏み込んで相手よりも先にボールを触る。間合いを読んで体をねじ込みボールを奪い取る。こうした気迫のこもった球際のプレーは山田の持ち味だったが、吉田監督が立ち上げから綿密に取り組んできたフィジカルトレーニングで「体重も筋肉量も増え(山田)」、粘り強さに磨きがかかっている。

攻撃に目を移すと、岩手との開幕戦では先制点と2点目につながるパスを前線の中村亮太に供給。第3節の八戸戦ではペナルティエリア右に攻め上がって中央にクロスを送り、中村の先制点を引き出した。そして前節の富山戦。前半30分には体を鋭く反転させて相手を振り切り、利き足とは逆の左足で強烈なシュートを放つなど見せ場を作る。そして後半、山田の状況判断が決勝点をもたらす。

左サイドの低い位置で鎌田翔雅からボールを受けた山田がゴールの方向を見ると、「相手がみんなファーに寄っていった」という。するとその空いたスペースに、相手と入れ替わるようにして林容平が侵入していくのが見えた。「林選手に入れたら何か起こるな」。そう瞬時に考えた山田は、林に低い浮き球のパスを送る。林には合わなかったものの、左に詰めていた茂平が冷静にボールを処理して中央に送り、ゴール前の井上直輝が決勝ゴールを押し込んだ。

「相手はウチがファーサイドに蹴ってくると思っていたのでは。セットプレーで、ファーにいる亮太や千田海人が折り返すシーンが前半からいくつかあったので。ああいう形になってよかった」と山田。これらの言葉からも、チーム戦術のもとで選手一人ひとりが状況判断を積み重ねたことにより、相手の守備に少しのほころびができたことがわかる。まさにチームで成し遂げたゴールだったのだ。

「良い守備から良い攻撃」を継続するべく、山田は守備の重要性を念頭に置く。その上で「もっともっと自分がシュートを打ったりクロスを上げるシーンを作っていきたい」と意気込む。今季の秋田は前線にスピードのある選手を揃え、ディフェンスラインの裏を狙ってシンプルな攻撃を展開する。それに対抗して相手が引いた状態になったとき、ボランチの攻撃参加がより効いてくるはずだ。秋田の勝利の確率を少しでも高めるために、山田は体を張る。


文:竹内松裕(秋田担当)


明治安田生命J3リーグ 第5節
7月19日(日)18:00KO ソユスタ
ブラウブリッツ秋田 vs AC長野パルセイロ
ソユースタジアム(ブラウブリッツ秋田)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.3)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.1)
アウェイお楽しみ (3.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報